クロスネット局 ~Caféラテ8杯目~

カランコロン♪

「明けましておめでとうございまーす」

大きな袋を抱えたテレ美ちゃんが、元気よくやって来ました。

今日で松の内も終わりですが、ここ『Caféラテ』は本日が仕事始め。今年最初のカフェラテを注文しながら、いつものようにカウンターに陣取ったテレ美ちゃんです。

「テレ美ちゃん、おめでとう」

「今年もよろしくね、ラジ男くん」

「はい、お土産。マスターとラジ男くんで分けてね」

抱えてきた袋の中には、日向夏やマンゴー、地頭鶏といった宮崎の県産品で作られた土産物がいっぱい入っています。

「マスターにはこれもどうぞ」

お酒が好きなマスターの前に差し出されたのは『百年の孤独』。コロンビアの作家で、ノーベル文学賞を受賞しているG・ガルシア=マルケスが書いた小説の名が付けられた高級麦焼酎でした。

「これはこれは、ありがとう、テレ美ちゃん。お正月は宮崎に行ってたんだね」

世界で唯一、イースター島の長老会に許可されたモアイ像の完全復刻版が建つサンメッセ日南や、神秘的な美しさで知られる高千穂峡ほか、旅先での土産話が止まらないテレ美ちゃんでしたが…。

「ねぇ、マスター。宮崎県のテレビって、ちょっと変わってる気がするんだけど…」

「変わってる? 形が丸いとか三角とか?」

ラジ男くんの混ぜっ返しは無視して、テレ美ちゃんはこう続けました。

「ホテルの部屋でテレビをつけたんだけど、民放が2局しかないの。でね、ラテ欄見たら、テレビ宮崎ではいろんな局の番組が交ざってたんだ…。マスター、何でなの?」

「それはね、テレ美ちゃん…」

マスターお得意の雑学講座が始まるようです。今日のお題は何でしょうか?

「宮崎県には、宮崎放送とテレビ宮崎、2つの地元民放局があるんだけど、前者がTBS系で、後者はフジ系を中心に、日テレとテレ朝系をネットする局として誕生した経緯があるんだ」

1954年7月に、宮崎県初の民放局である宮崎放送が開局しました。遅れること16年、テレビ宮崎は1970年の4月、フジテレビを6割、日本テレビとテレビ朝日を2割ずつネットするテレビ局として開局しました。

「だから、テレビ宮崎では、3つのキー局の番組が混在して放送されるんだよ。テレ美ちゃんがテレビに釘付けになっているプライムタイムを見ると、水・木・土がフジ、日曜が日テレ系、月火にテレ朝が放送されることが多いようだね。民放3局で混成されるクロスネット局はここだけなんだよ」

「クロスネット局?」

「クロスネット局っていうのは、複数のネット局を持つ放送局のことをいうんだよ。地方での新規開局や民放を各県で4局以上にしようという政策が打ち出されたこともあって、徐々に減ってはきたんだ。だけど、いろんな事情から4局以上にはならず、クロスネットが残るところがあるんだ。それに、ネットチェンジといって系列局を切り替えたりして、元の系列とは違う局もあるんだよ」

1986年1月17日、当時の郵政省(現・総務省)は、情報格差是正のため、民放テレビ局を47都道府県すべて4局以上にするという施策を打ち出しました。

これは、1982年の基本方針である受信機会の平等を更に推進する目的でしたが、山形県のさくらんぼTV開局(1997年)による4局化を最後に、事実上終息を迎えました。

そのせいか、3局以下であったり、隣県視聴ができない地域では、クロスネットや番販と呼ばれる番組販売で疑似的に4局視聴を可能にしているようです。

「ふーん、そうなんだぁ。サザエさんの後、鉄腕ダッシュが始まったんでビックリしちゃったんだもん」

そう言うテレ美ちゃんでしたが、実はさっきから、カウンターに置かれたままの完熟マンゴーに目が釘付けになっています。どうやら関心は、クロスではなく、ポリエチレンのネットで大事そうにくるまれた完熟マンゴーのようです。

カランコロン♪

caferate