ドラマの放送回数 ~Caféラテ3杯目~

カランコロン♪

今日も学校帰りのテレ美ちゃんがやって来ました。

「マスター、ただいまぁ」

「テレ美ちゃん、いらっしゃい」

「ラジ男くん、カフェラテくださいな」

「お帰り、テレ美ちゃん。ゆうべは間に合った?」

テレ美ちゃんは昨日、マスターの話に夢中で、新ドラマの初回を見逃すところだったのです。

「そうそう、聞いて聞いて!」

テレ美ちゃんは、テレビが大好き。特に、アイドルタレントが主演する新ドラマの話になると、もう止まりません。

マスターは夕刊を読みながら適当に相槌を打ち、ラジ男くんに至ってはカウンターの中で背を向けて、何やら整理整頓を始めてしまいました。

「もう、2人とも聞いてなかったでしょ!!」

「聞いてたよ、テレ美ちゃん。ところで、2人ともドラマは何話で完結するか知ってるかい?」

ラテに関する雑学がもう1つの売りの『Caféラテ』。

どうやら今日は、ドラマの放送回数についてのようです。

「テレ美ちゃんの大好きな『月9』とか、最近のドラマは大抵3カ月クールで完結するように作られているんだよ」

「そういえば、季節ごとに新しいドラマが始まってるわ」

「理由はいくつかあるんだけど、一番は番組改編だね。四半期ごとに編成を替えるからね」

「1年は52週だから、3カ月だと13週…そうか、分かった!!」

「ラジ男くんは気が付いたようだけど、ドラマは大体13話分の尺でできているみたいなんだ。それを初回と最終回にスペシャルと題して分けるだろう。そうすると…」

「私も分かったわ!! 4話分を2週でやって、残りの9話分とで11回で完結するのね」

「そうだよ、テレ美ちゃん。四半期つまり13週1クール編成なんだけど、暦の関係で13週にならない週もあるし、改編前の特番を挟むから11回完結になっているんだよ」

日本のテレビ生産台数が世界一になったのが1969年、カラーテレビが白黒テレビの普及率を上回ったのが1973年でした。このころのドラマは、現在のように四半期ごとの改編とは決まっていませんでした。

主役を含めた配役が変わりながらも、長寿ドラマ番組として有名な「水戸黄門」は、第1部が1969年8月4日~1970年3月9日まで全32回と、半年以上続いています。

その後も、1979年10月14日~1982年4月18日まで2年6カ月、全126回放送の「西部警察」(PART1)に代表されるように、1990年代前半までは半年以上続いたドラマが数多くあり、開始時期、終了時期ともにまちまちでした。

しかし、バブル経済が弾けた後の1990年代半ばからは、11回ドラマとして四半期ごとに改編されるようになりました。

「1クール11回かぁ。でも、8回とかで終わっちゃったのもあったよね? ラジ男くん」

「うん。でも、それはレアケースだよ。視聴率不振で打ち切りとか…」

「そうだね。ラジ男くんの言う通り、いろんな理由で予定より早く終了しちゃうケースもあったね。だから、最近は放送回数未定って予防線を張ることもあるそうだよ」

マスターの話が終わり、新ドラマに話題を戻したテレ美ちゃんでしたが…。

「ちゃんと完結するといいねっ!! お気に入りのドラマ」

「今なんて言ったのかな、ラ・ジ・男・く・ん」

どうやらラジ男くんの一言が、テレ美ちゃんの感情を逆なでしてしまったみたいです。

マスターは夕刊を広げて、とばっちりが来ないよう予防線を張りました。

ラジ男くんは懸命に弁解中です。もう何回謝ったでしょうか。

そろそろドラマ1クール分になるようです。

カランコロン♪

caferate