What’s New

2016年のラテ欄をにぎわせたキーワード

今年のラテ欄をにぎわせたキーワードから2016年を振り返ります。2016年1月1日付から10月31日付の首都圏版ラテ欄NHK総合と民放5局に掲載された番組の中からキーワードをピックアップ、登場回数の多かったものを一覧にしました。

ワード 回数 ワード 回数 ワード 回数
舛添 452 リオ五輪 253 波瑠 151
小池 437 豊洲 234 高畑充希 147
リオ 353 熊本 206 SMAP 144
清原 292 広島 202 ベッキー 136
都知事選 258 熊本地震 162 EU 119

2016年ラテ欄を最もにぎわせた話題は「東京都知事」。舛添要一氏(452)の辞任から小池百合子氏(437)の当選、そして豊洲市場移転中止(234)と複数のキーワードが登場しました。その小池氏も閉会式に参加したリオ五輪(253、リオ353)。日本は金12個、銀8個、銅21個の計41個のメダルを獲得しました。そのほかスポーツではプロ野球広島東洋カープ(202)が25年ぶりにリーグ優勝。また2月には元プロ野球選手の清原和博氏(292)が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕される出来事もありました。

4月には熊本(206、熊本地震162)で震度7の地震が発生しました。6月にはイギリスが国民投票でEU離脱(119)を決定。世界に衝撃が走りました。

芸能ではSMAP(144)の解散、ベッキー(136)騒動のほか、波瑠(151)高畑充希(147)ら朝ドラヒロインの名前がラテ欄をにぎわせました。

2017年はどんなキーワードがラテ欄に登場するのでしょうか?

ラテとぴ(本文用)

今年もやります。年末年始テレビ情報特別配信

新聞社、雑誌社向けに年末年始テレビ情報特別配信記事をご提供いたします。
年末年始のテレビ番組表に加え、年末のNHK紅白歌合戦ガイドや2016年の大河ドラマ特集、民放各局1月新ドラマ紹介記事などに加え特集企画も充実。また、恒例の新春インタビューにもご期待ください。

詳細はお問い合わせください。

※本企画は新聞、雑誌などの紙媒体向けとなります

2014-2015年末年始特集の掲載例

2014-2015年末年始特集の掲載例

「夏フェス2015」始まります!

民放キー局では、今年も夏休み恒例となったイベントが開催されます。在京テレビ5局が番組並みにその中身を競う、夏の風物詩をピックアップしてご紹介します。

日本テレビ(http://www.ntv.co.jp/)

「超☆汐留パラダイス!」と銘打って、7月25日から8月30日まで本社周辺で催されます。目玉企画は「リアル脱出ゲーム」。大ヒットしたアニメ「エヴァンゲリオン」とコラボし、日テレタワーには巨大なエヴァンゲリオン初号機頭部が出現するとのことです。

テレビ朝日(http://www.tv-asahi.co.jp/)

7月18日から8月23日まで行われる「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭りSUMMER STATION」では、昨年好評だった毛利庭園での水上ビアガーデンがパワーアップ。今年はバーベキュー広場もできるそうです。

TBSテレビ(http://www.tbs.co.jp/)

隣接する赤坂サカスで「デリシャカス」を開催します。サカス広場に、新ドラマ「ナポレオンの村」とコラボしたバーベキューガーデンを設置。「なりきり写真館」と題した仮想空間では、出演者と記念写真も撮れるそうです。7月18日から8月30日まで。

テレビ東京(http://www.tv-tokyo.co.jp/)

さいたまスーパーアリーナを会場に、「からだのふしぎ大冒険2015」が7月27日から8月22日まで行われます。北米で大人気の科学イベント「Grossology」(グロッソロジー)を招へい、ファミリーで楽しめるアトラクションが盛りだくさんとのことです。

フジテレビ(http://www.fujitv.co.jp/)

7月18日から8月31日まで「お台場夢大陸 ドリームメガナツマツリ」が開催されます。立地を生かした「水遊び」のアトラクションに加え、営業時間を21時半まで延ばし、仕事帰りの社会人にも楽しめるよう進化した夏祭りのようです。

※チャンネル順。詳細は各局ホームページをご覧ください。

ラテとぴ(本文用)

「青少年に見てもらいたい番組」2015年春

25日、民放連加盟139社がこの春の改編期に選定した「青少年に見てもらいたい番組」が取りまとめられた。今期番組総数1012番組のうち、在京キー5社選定番組は29番組、それ以外の134社が選定した番組は983番組となった。このうち、在京キー5社選定番組以外の自主選定番組は、396番組(128社)だった。

※「青少年に見てもらいたい番組」とは、「青少年の知識や理解力を高め、情操を豊かにする番組を各放送事業者は少なくとも週3時間放送する」との申し合わせに基づき、1999年10月改編時から各社がそれぞれの特色を生かして独自に選定している番組。