これぞ金言!「木を見て森を見ず」~几帳面なヤツほどかかりやすい茂みに潜むわな~

編集原稿を点検~校正し、内容の正誤を訂正する校閲現場にあって、最も大切な心構えとされる金言が「木を見て森を見ず」。小事にとらわれ大事を見落としてしまう、そんな悔しくも恥ずかしい経験を持たない校閲者は、恐らくいないはずです。もちろん筆者も…。

さて今回のエピソード。現場は、いかなる「森」を見落としたのでしょう。

「第〇回全国センバツ高校野球(〇日・甲子園)の組み合わせ抽選会が〇日、行われた」。ある日のスポーツ紙面、とあるメーン記事の書き出し。途中を省き、記事は「各地区予選を勝ち抜いた代表校がしのぎを削る」うんぬんと、テンポよく文字を連ねていく。

ひと目でセンバツ甲子園の記事とわかります。高校野球原稿の校閲は、誤字の訂正、表記統一はもちろん、校名に選手名、試合記録の確認と、やりがいある作業。今回のタイトルになぞらえれば、いわば「うっそうとした森」。赤字たちが茂みに隠れていそうです。

あるある。まず、必ず出てくる赤字。「斉藤」を「斎藤」に直す。これ、同じようでも全く違う名字って知ってました? 次は「松商学園・新井」を「荒井」に訂正。続いて「神戸広陵」は「神戸弘陵」と。「学法石川(石川)」はひどい! 福島代表ですね。

よしよし、快調。校閲者は、ハンドブックや資料を見ながら作業を進めます。学校名表記も、一字一句なめるように調べていきます。鹿児島実業→鹿児島実、桐生第一→桐生一(=当時の表記。現在は第一でOK)。まあ、赤字とはいえないですけどね。

日頃から几帳面な担当者ならでは。選手の学年から身長・体重、利き腕まで、きっちり合わせないと気が済まないのでしょう。「選抜か、センバツか」まで気にする執着ぶり。

ところが、です。皮肉にも、えてして、こんな細かい性分の持ち主の方が、どでかい赤字を見落としやすいもの。そもそも、記事は「センバツ高校野球」。そう「選抜」というだけあって「各地区予選」など最初からないんです。大赤字でした。

木を見て森を見ず。ふと顔を上げ、全体を見渡せば、その場で拾えた赤字なんですが。

よくある赤字エピソード