「面倒くさい洋数字と漢数字の使い分け」~ 「春一番」と「木枯らし1号」くらいは簡単に理解できるんだが~

ひたすら記事の間違いや誤字脱字の発見に躍起となる校閲業務。作業を通じて、自然と日本語の理解や知識も深まり、語彙(ごい)も増えていくわけで、これぞ裏方稼業の醍醐味(だいごみ)といえましょう。ただ、中にはそもそも誤記でもない上に、校閲担当自身、納得のいかないまま赤字訂正を行わなければいけない場合もあります。というわけで、今回は「面倒くさい洋数字と漢数字の使い分け」をテーマに愚痴ってみましょうか。

球春到来。スポーツにおける球技は数あれど、春の喜びを込めてこう呼ぶのは野球くらいのもの。いかにもグラウンドの雪どけを待ちかねていた、といった感じですが、それって雪国だけでは? 関東以西のいわゆる強豪校なんぞ、年中無休でカキーン、カキーンと季節感なし。オフシーズン、温暖な地でキャンプを張るプロ野球のためにある用語ですかね。そちらも、最近は室内練習場やドーム球場であったりして。今や「球旬」くらいが適当か。

昨春のプロ野球オープン戦。「春一番にやられた。ロッテ対楽天は1回裏2死一、二塁の場面で強風によりノーゲームとなった。試合中に風速14㍍を計測」と、記事は春の珍事を伝えています。立春以降、最初に吹く強い南寄りの風を「春一番」と言います。「春1番」としないのは何となくわかりますよね。春二番なんて言わないから。では、晩秋から初冬の間に初めて吹く北寄りの強風「木枯らし」の場合は? 「木枯らし1号」とします。2号、3号もあり得るのですが、気象庁は発表しないのだとか。

多くの新聞表記で、数量や順序など示す際は洋数字、慣用句などは漢数字を用います。上の例では「1回表」「一、二塁」がそれ。イニングは洋数字で、ベースは本塁含め漢数字。三振は3振とせず、フォアボールは四球。え、アウト数はなぜ洋数字かって? だから悩ましい。新聞社によっても表記が分かれます。「その試合で左飛が風に戻され、満塁の走者一掃打となった」と、一掃を1掃としないように理屈が簡明なら苦労はないのですが…。

ところで「春一番の陽気の中、チームメートとともに汗を流した」とか「ガッツあふれる○○が春一番を吹かせた」とか、春一番はいいイメージで使われることが多いようです。

日本海で低気圧が急発達することによって生じるこの強風。災害を起こしそうなときは注意報や警報が発表されますが、もともと海難事故を引き起こし、船乗りの間で「春一番」と恐れられたのが気象用語になったとか。さて、2月4日は立春か。球春…忙しくなるのは嫌だなあ。

よくある赤字エピソード