What's New

年齢構成でみるJリーグの今

来季49歳を迎える横浜FC三浦知良が現役最年長選手として活躍する一方で、高校年代の選手もプロとして同じピッチに立ち、レギュラーを目指してしのぎを削るのがJリーグの世界。以前に比べて選手生命が延びてきたことにより、その年齢構成にも幅が出ているように感じる。今回はそんなJリーグを構成する選手、監督、審判員らの年齢構成が現時点でどのようになっているのか、検証していきたい。
表1-1 監督(1)
表1-2 監督(1)

■「ドーハ世代」監督の躍進

まずは監督の年齢層から。2015年シーズンにJ1/J2で監督を務めた人物の年齢をまとめたものが表1-1となっている。

監督の平均年齢はJ1=51.7歳、J2=49.0歳で、J2の監督の方が少し低い結果が出ている。また年代別構成比率(表1-2)では、J1が40、50、60代の監督がそれぞれ指揮をとっているのに対し、J2は60代がゼロ。代わりに40代監督の比率が全体の55%を占める形となっている。

今季J1=年間10位まで、J2=年間6位までの成績を収めた監督が黄枠だが、こちらでも40代監督の躍進が目立っている。3度目の優勝を果たした広島・森保監督を筆頭に、J2優勝の渋谷監督、鹿島を立て直した石井監督、1年目でJ1昇格を果たした井原監督など、「ドーハ世代」と言われた世代の人物たちが監督に就任し、好成績を収めている。さらに、その1つ下の「フランスW杯世代」にあたる名波らも監督として実績を残し始めており、これまでの実績重視の監督よりも、将来性を買っての監督を起用する方が主流のように思われる。

表2-1 全選手(1)

■あらためて分かるカズの凄さ

続いて選手の年齢構成について考えてみたい。表2-1にはリーグ全体/J1/J2/J3に所属する選手たちの年齢構成をまとめた。リーグ平均年齢は26.07歳で、1番多い年齢層は23歳の144人で、全体の9%を占めている。J2、J3はリーグ全体同様23歳の選手が1番多くなっているが、J1では26歳が1番という結果が出ている。また、コアな年齢層という点でもJ1は24~30歳くらいの選手、J2では20~30歳くらいの選手層が厚く、チームを構成する年齢層にも違いが現れている。J1チームが有望若手選手をJ2へレンタルで武者修行させるJ1/J2の関係性も反映された数値といえるのではないだろうか。
表2-2 GK(1)

表2-3 DF(1)

表2-4 MF(1)

表2-5 FW(1)

表2-2~2-5にはポジションごとの年齢構成をまとめた。その中で他と明らかに違うのがGKで、年齢構成と活躍する選手の年齢層で差異が見られる。まず年齢構成では、楢崎(39)、山岸(37)のように高年齢でも第一線で活躍している選手が多い。その影響からか、各チームの今季レギュラーGK陣を見ても高年齢選手がほとんどで、平均年齢は28.3歳と高め(表2-6)。その専門性から経験値が重要視され、1度レギュラーに定着すると、長期間にわたってスタメンとして出場することが多いポジションだけに、J最年少の20歳で正GKの座を確保した福岡・中村航の将来性は非常に楽しみなものである。

表2-6 まとめ(1)
また、各ポジションで30代後半の選手が現役で活躍している一方でFWに関しては、そうはいかないようだ。他のポジションが30代を機にゆるやかに選手数が減少していくのに対し、FWだけ1年ごとにガクッと落ち込んでいる。前線からの守備が求められる現代サッカーにおいてFWの守備は必要不可欠。そんな中、48歳でも現役を続けられるカズの凄さが再確認できる年齢構成分布図となっている。
表3 審判(1)

■主審と副審の役割の違い

最後に表3に2015年Jリーグ担当審判の年齢構成をまとめた。今年は55名が主審に、78名が副審として登録されており、それぞれに構成比率の特徴が出ている。主審では30代が圧倒的に多く、残りを40代が占めているのに対し、副審では30代と40代の割合が半分ずつとその比率が若干異なっている。

主審には「主」という字が、副審には「副」という字がつくことで、主審をできる人のみ副審を担当できる、と連想する人も多いのではないだろうか。しかし実際は、それぞれ役割が違うため、Jリーグの審判になれる1級審判を取得する過程で自分自身の適性に合わせ主審か副審を選ぶこととなる。

主審がピッチ全域を走り回る心肺機能や、試合をマネジメントする能力が要求されるのに対し、副審はボールアウト、ゴールなどを正確に判断する能力、選手と同じ速度で走る脚力が必要とされる。体力的に持久力のいる主審と、瞬発力を必要とする副審。そういった能力の違いが年齢構成に若干の影響を及ぼしているのではないだろうか。

「第66回NHK紅白歌合戦」ラテ欄勝敗予想

「第66回NHK紅白歌合戦」を前に、ラテ欄に登場した回数を調べ、勝敗予想を立ててみました。
紅白合わせて51組の出場歌手がラテ欄に登場した回数を抽出。その合計数を得点に見立てて、勝ち負けを予想しました。2015/1/1~10/31の首都圏版ラテ欄を基に、NHK総合と民放5局を対象とし、出場歌手名は50音順、略称も含めてカウントしてあります。

紅組歌手 白組歌手
歌手(出場回数) 登場回数 歌手(出場回数) 登場回数
E-girls(3)
Dance Dance Dance
28 (7)
New Year’s Eve Medley2015
393
いきものがかり(8)
ありがとう
21 五木ひろし(45)
千曲川
22
石川さゆり(38)
津軽海峡・冬景色
21 EXILE(11)
EXILE 紅白スペシャル2015
70
今井美樹(2)
PIECE OF MY WISH
16 X JAPAN(6)
紅白スペシャルメドレー 〜We are X!〜
4
AKB48(8)
AKB48 紅白2015 SP〜10周年記念メドレー〜
206 関ジャニ∞(4)
前向きスクリーム!
98
NMB48(3)
365日の紙飛行
24 ゲスの極み乙女。(初)
私以外私じゃないの
38
大原桜子(初)
0 郷ひろみ(28)
2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-
23
伍代夏子(22)
東京五輪音頭
13 ゴールデンボンバー(4)
女々しくて
49
坂本冬美(27)
祝い酒
27 近藤真彦(10)
ギンギラギンにさりげなく
48
椎名林檎(3)
長く短い祭〜ここは地獄か天国か編〜
21 三代目J Soul Brothers(4)
Summer Madness
111
島津亜矢(2)
帰らんちゃよか
12 SMAP(23)
This is SMAP メドレー
124
Superfly(初)
Beautiful
23 SEKAI NO OWARI(2)
プレゼント
68
高橋真梨子(3)
五番街のマリーへ2015
7 Sexy Zone(3)
ニッポンCha-Cha-Cha チャンピオン
6
天童よしみ(20)
人生一路
16 TOKIO(22)
AMBITIOUS JAPAN!
93
AAA(6)
恋音と雨空
19 徳永英明(10)
時代
23
西野カナ(6)
トリセツ
43 BUMP OF CHICKEN(初)
ray
6
乃木坂46(初)
君の名は希望
72 氷川きよし(16)
男花
38
Perfume(8)
Pick
Me Up
28 V6(2)
ザッツ!V6メドレー
91
藤あや子(21)
曼珠沙華
22 福山雅治(8)
デビュー25周年スペシャルメドレー
80
松田聖子(19)
赤いスイートピー
12 星野源(初)
SUN
22
水森かおり(13)
大和路の恋
19 細川たかし(39)
心のこり
11
μ’s(ミュ-ズ)(初)
それは僕たちの奇跡
3 三山ひろし(初)
お岩木山
8
miwa(3)
fighting-φ-girls
32 美輪明宏(4)
ヨイトマケの唄
42
レベッカ(初)
フレンズ
5 森進一(48)
おふくろさん
17
和田アキ子(39)
笑って許して
54 山内恵介(初)
スポットライト
24
ゆず(6)
かける
60
合計 744 合計 1569

紅組の登場回数1位は、AKB48。今年も206番組に「AKB」という文字が躍りました。白組1位は嵐で393回、2位のSMAPの124回と、やはり冠番組を多く持つジャニーズ系がラテ欄を席巻しました。

ラテ欄勝敗予想では白組に軍配が上がり、昨年に続いての優勝となりましたが、さて、大みそかの結果や如何に!?

総得票数からみる最近10年のベストナイン

 毎シーズン終了後に各ポジションのベストプレーヤーを記者投票によって選ぶベストナイン。この投票結果に今年はちょっとした”異変”が起こっていたのをご存じだろうか。セ・リーグ261票、パ・リーグ221票だった有効投票数のうち90%以上の票を得てベストナインに選出された選手が8人もいたのだ。これは過去10年では最多の人数。とくにセ・リーグではヤクルトの4選手(中村、畠山、山田、川端)がいずれも90%以上の得票率で選出されている。トリプルスリーを達成した山田や柳田(ソフトバンク)、シーズン最多安打を更新した西武・秋山のように「文句なし」の実績を残した選手が多いシーズンだったこともあるが、レギュラーといえる選手が中村だけだったセ・リーグの捕手部門のように、リーグとして層が薄いポジションが増えてきていることも原因に挙げられるだろう。
 このようにベストナインの結果を得票数まで細かくみていくと、受賞選手の名前だけみている時には気付かなかった球界の流れのようなものが感じられることがある。そこで今回は過去10年のベストナイン投票での得票数をポジション別に集計、それをランキング化することで10年間を振りかえる。
表1~2

■投手 セはマエケンの1強、パは大谷時代の到来か

 セ・リーグは9年間で3度ベストナインを獲得した前田(広島)が得票数でも断然の1位となった(表1-1)。10年間の総有効投票数に対するシェアは30%を超えていて、この数字がいかにリーグ内で抜きんでた存在だったかを物語っている。その前田も来シーズンはメジャーに移籍する。リーグのエースが抜けるシーズンは175票を獲って1度選出の菅野(巨人)、49票の小川(ヤクルト)、31票のジョンソン(広島)、26票の藤浪(阪神)らがその座を争うことになりそうだ。
 パは2013年に満票を獲得した田中(ヤンキース)が1位、6年で2度選出のダルビッシュ(レンジャーズ)が2位と、メジャーで活躍する投手が上位を占めた(表1-2)。そして今シーズンは大谷(日本ハム)が213票と96.4%と断然の得票率で初のベストナインに選ばれた。この得票率は過去10年間の投手部門では2013年の田中(当時楽天)、2010年の前田(広島)に続く3位の数字。来シーズン以降もどんどん数字を伸ばしそうだ。今シーズン3票で2位タイだった涌井(ロッテ)は過去10年で3度の最多勝、2009年には沢村賞にも選ばれながらベストナイン投票では計61票で1度も選出されていない。ダルビッシュ、田中、大谷とハイレベルなライバルに阻まれ続けたがゆえの不運だといえるだろう。

■捕手 セは阿部の10年、パは群雄割拠

セ・リーグでは阿部(巨人)が10年間で8度の選出、総得票数の1555票、通算得票率66.6%は両リーグ通じて1位、得票数の1000票超えも、得票率の50%超えもこの10年間では阿部だけだ(表2-1)。その阿部の牙城を9年ぶりに崩したのが中村(ヤクルト)だ。阿部のコンバート、ライバルの不在もあって多くの票を得た。セ・リーグには現役で票を獲得した経験のある選手がほかに相川(巨人)、石原、會澤(ともに広島)、黒羽根(DeNA)、狩野(阪神)、小林(巨人)と6人しかおらず、相川以外は10票以下だ。リーグとしては実績ある捕手がほぼ枯渇している状況といえるだろう。
 パ・リーグは10年で7人の捕手が選出されている(表2-2)。トップは嶋(楽天)だが出場試合数は減少傾向で今シーズンの得票は8票止まり。今後は今季156票で初選出された炭谷(西武)、32票の近藤(日本ハム)、17票の田村(ロッテ)らがランキングを上げてきそうだ。
表3~4

■一塁手 セは日本人が人材難、パは中田が常連となるか

 セ・リーグは中日、DeNAで6年プレーしたブランコがトップ、2位は今シーズン多くの票を得た畠山だった(表3-1)。リーグとして日本人選手の得票が少なく、畠山以外に一塁手で得票経験があるのは新井(広島)森野(中日)阿部、亀井(巨人)のベテランだけ、それも20票に満たない数字だ。来シーズン以降も畠山vs外国人選手という構図になるだろう。
 パ・リーグは西武、オリックスで7年プレーしたカブレラが1位、今シーズンは指名打者で選出された李大浩(ソフトバンク)が2位となった(表3-2)。今シーズンの受賞者は本格的に一塁に転向した中田(日本ハム)。外野手、指名打者としての得票数を合わせると過去10年の票数は467票とリーグ8位の数字で今後はこの部門の中心となっていきそうだ。

■二塁手 2年でトップに立った山田、パは田中vs藤田vs浅村

 荒木(中日)、平野(阪神)、田中(ヤクルト)、東出(広島)ら名だたる選手が争ってきたポジションだったが、この2年で一気に山田(ヤクルト)がトップに立った(表4-1)。3年連続で得票数2位の菊池(広島)は通算で202票を獲得している。これは選出経験のない選手の中ではこの10年で2番目に多い数字だ。
 田中(日本ハム)はメジャーでの2年間のブランクがありながら受賞回数6回、得票数801でトップとなった(表4-2)。6度の選出はリーグトップ、得票率40.1%はポジション別では外野部門の糸井(オリックス)に続くリーグ2位だ。派手な成績を残す選手ではないが、リーグ内での傑出度は高い。田中のいなかった2年間で2度選出された藤田(楽天)だが、今シーズンはケガもあって4票に止まった。来シーズンは一塁から移った浅村(西武)を加えての三つ巴の争いになるか。
表5~6

■三塁手 新陳代謝が進まないセ、パは中村が断然

 セ・リーグはこの部門でも人材が不足傾向(表5-1)。過去10年での得票数トップは村田(巨人)だが今シーズンは極度の打撃不振で得票数は0だった。通算191票を獲得している森野(中日)、97票の新井(広島)はすでに三塁手ではなく、131票のルナも来シーズンの去就は不明、ほかに得票経験のある選手が堂林(広島)、新井(阪神)、梵(広島)とあっては、首位打者も獲得した川端を脅かすような選手は当分現れそうにない。 
パ・リーグは中村がリーグ2位の5度選出(表5-2)。中村は一塁、指名打者での得票もあり総得票率では43.8%でリーグ1位の数字を残している。松田(ソフトバンク)は10年で286票を獲得しながらいまだ選出はなし。NPBに残るのであれば今後も中村の壁に挑戦し続けることになりそうだ。

■遊撃手 鳥谷を追う坂本、パは新旧交代の時期

 鳥谷(阪神)が獲得した1141票はリーグ2位の数字、6度の選出も2位だ(表6-1)。この鳥谷と毎年のように争っているのが坂本(巨人)だ。選出は2度だが、獲得した639票はセ・リーグの内野手全体でも2位の数字、2009、12年と打率が3割を超えたシーズンには鳥谷を上回ることができているので、今後も選出は打撃次第となりそう。
 パ・リーグは8年で4度選出の中島(オリックス)と5年で2度の西岡(阪神)が一時代を築いたが、2013年以降は毎年受賞者が入れ替わっている(表6-2)。得票数3位で2013年選出の鈴木(ロッテ)、5位で今シーズン選出の中島(日本ハム)、6位で2014年選出の今宮(ソフトバンク)はまだ若く、世代交代期にあるといえるだろう。
表7

■外野手 セにポスト青木は現れるのか?パは世代交代進む

 セ・リーグは2011年までプレーした青木(当時ヤクルト)がいまだに1位をキープしている(表7-1)。6年間で6度選出されていて、この期間の選出率100%は青木だけだ。この青木を票数で追っていたマートン(阪神)も今シーズンで退団、3位のラミレス(ヤクルト、巨人、DeNA)もすでに現役ではない。上位には引退した選手の名前も目立っている。得票数4位の長野も近年はケガがちとあって上位の顔ぶれが変化しない中、今シーズンは筒香(DeNA)が得票数1位で初選出された。まだ24才と若く今後常連となっていくことが期待できるだろう。
 今シーズンのパ・リーグはここ数年多くの票を集めてきた糸井(オリックス)と内川(ソフトバンク)が今シーズンは揃って落選、代わって秋山がこの10年では2013年の田中(楽天)しか達成していない満票での選出、柳田(ソフトバンク)も99.1%の高い得票率で選出、初選出された清田(ロッテ)も加わりフレッシュな顔ぶれとなった。糸井、内川、9年で4度選出の稲葉(元日本ハム)、3度選出の栗山(西武)の時代から着々と世代が交代している(表7-2)。
表8

■指名打者 山崎以降は外国人のポジション

 この10年では外国人選手が6度選出されていて年替わりで受賞者が入れ替わっている(表8-1)。現役で受賞経験者は、去就が不明なペーニャ(楽天)、李大浩(ソフトバンク)を除くと中村(西武)と福浦(ロッテ)だけ。ともに現状は指名打者のレギュラーではなく来シーズンの勢力図は見えてこない。ただ今シーズン51票を獲得した森(西武)が、今後も指名打者に定着するようであれば常連となることは間違いないだろう。

浅野内匠頭屋敷跡 <<築地さんぽ12月号>>

「忠臣蔵」で有名な浅野内匠頭の屋敷跡です。

明石町の聖路加看護大学の敷地内、ちょうど築地川公園に面するあたりに石碑が建っています。築地川公園は、かつてはその名の通り川であり、赤穂浅野家の上屋敷もこの川に面していました。当時、この辺りは鉄砲洲と呼ばれていたようです。

浅野内匠頭屋敷跡に建つ石碑。近くには芥川龍之介出生の地を示す看板もあります

浅野内匠頭屋敷跡に建つ石碑。近くには芥川龍之介出生の地を示す看板もあります

浅野内匠頭長矩は、寛文7年(1667年)にこの屋敷で生まれました。それから34年後に、江戸城中松之廊下で吉良上野介に斬り付けることになります。内匠頭は即日切腹、浅野家は御家断絶となり、この上屋敷も没収され無主の地となりました。

浅野内匠頭長矩(1667~1701)

浅野内匠頭長矩(1667~1701)

翌年の暮れ、四十七士は本所(現・墨田区両国近辺)の吉良邸に討ち入った後、この上屋敷跡の前を通って、高輪の泉岳寺まで引き揚げました。どんな思いでこの場所を通ったのでしょうか。

なお、浅野内匠頭が生まれた225年後の明治25年(1892年)には、芥川龍之介がこの地で出生しています。母は龍之介の生後すぐに亡くなり、彼は母の実家・芥川家に引き取られましたが、その芥川家が、本所・吉良邸跡の近所にあったのは、奇縁と言うほかありません。

築地さんぽ(本文用)

初出場vs2度目の挑戦 J1昇格POの行方は

いよいよJ1昇格プレーオフが開幕します。2012年に誕生してから、毎年のように熱いドラマが繰り広げられてきましたが、今年はどのチームがJ1への切符を手にするのでしょうか。今回は、今年の昇格プレーオフを先読みしてみたいと思います。

今年の昇格プレーオフの対戦カードは以下の通りです。
3位 福岡vs 6位 長崎   レベスタ
4位 C大阪 vs 5位 愛媛  ヤンマー
各チームの今季成績をまとめたものが表1となっています。このシーズン成績だけを見るとJ1昇格プレーオフ初出場の3位福岡が圧倒的優位といえる成績を残しています。
表1 順位表
一方でシーズン3位チームが昇格できないというジンクスも存在しています。J1昇格プレーオフは初出場ながら、これまでJ1参入決定戦(98年)J1・J2入れ替え戦(04年/06年)と各入れ替え戦に出場歴のある福岡だけに、このジンクスを破るに相応しい挑戦者なのではないでしょうか。

■福岡vs長崎 ~レベスタ~

それでは対戦カードごとに詳細をみていきましょう。まずはプレーオフ初出場の福岡に対し、2013年以来2度目の挑戦となる長崎の一戦から。

両チームの今季対戦成績をまとめたものが表2-1/-2です。2戦ともにスコアレスドローで、レベスタでの対戦成績も過去3年間で1勝1分1敗と五分の結果となっています。J1昇格を果たし、決着をつけられるか注目です。
表2ー1 対戦表

表2ー2 対戦表

◆チームの特徴

ともに堅守が売りの両チームは長崎がリーグ最少、福岡もリーグで3番目に少ない失点数を誇っており、1点を争うゲーム展開となりそうです。

そんな堅守同士の試合で必要となるのがゴールを決める力。1試合の平均得点は福岡=1.5に対し、長崎=1.0と福岡に分がある様子。特にシーズン後半戦の福岡は、失点数の少なさもさることながら、その得点力でここまで上りつめたと言っても過言ではないでしょう。
前半戦:得点24/失点23
後半戦:得点39/失点14
これは最後に直接対決した時に合流直後だったウェリントンの活躍、欠場していた中村北の復調によるところが大きく、全く別のチームになっていると考えたほうが良いかもしれません。得点力・守備力ともに備えた福岡は、長崎からすると非常に厄介な相手と言えます。

◆チームの勢い

福岡がシーズンを12戦負けなしの8連勝で締めくくったのに対し、長崎は最終5戦を1勝1分3敗と決して良い調子とは言えないのが現状です。

表3にはシーズン中の得点状況別勝敗をまとめました。福岡は先取点を取れば負けなし。シーズン通りの戦い方で通算13回記録した1-0勝利を目指すことがベストな戦い方と言えるでしょう。一方の長崎は、引き分けでは勝ち上がれません。しかも先取点を取られると確率的に勝ち目のない福岡が相手だけに、何としても堅守速攻で1点をもぎ取り、守り抜く戦い方が理想の戦い方となりそうです。
表3 状況別表

◆気象条件

そんな中、影響を及ぼしそうなのが気象状況。レベスタのある福岡市の予報は曇り、しかし夕方に雨が降る可能性があるなどゲーム展開同様、読めない天候となりそうです。

両チームの天候別成績をまとめたのが表4になります。長崎は「曇」の場合に1勝も出来ていないというデータが出ています。福岡はというと、こちらでも負けなし。「曇」の中で福岡が「先取点を取った」場合の負ける確率は0%ということになります。そんな福岡ですが、嫌なデータも存在します。それは「雨」の試合だと1勝2分1敗と成績が芳しくないのです。逆に長崎は3勝3分1敗と好成績を収めており、天候次第では福岡の好調を覆すこともあり得るかもしれません。
表4 天候別表

■C大阪vs愛媛 ~ヤンマー~

続いて1年でのJ1復帰を目指すC大阪と2度目の1ケタ順位が初のプレーオフ進出となった愛媛の一戦。表5にあるように今シーズンの対戦は1勝1敗で、ともにホームが勝利という結果に終わっています。そんな中、愛媛にとっては嫌な過去データも複数出てきました。
表5 対戦表

◆チームの特徴

この両チームは表6にまとめたように、ともに失点数が少なく、ほぼ互角の守備力を誇るチーム同士の対戦のようです。そこで試合を決めることになるであろう攻撃力は、C大阪が57点(1.4点/試合)なのに対し、愛媛は47点(1.1点/試合)と得点力に若干の差が出ています。
表6 時間帯別得点&失点表
また時間帯別に見た得点/失点状況でも両チームの特徴が見てとれます。
C大阪:得点/後半15分以降 失点/後半 にそれぞれ多い傾向がある
愛媛:得点/後半15分以降 失点/前半15分以降 にそれぞれ多い傾向がある
この条件からすると、攻撃を仕掛けるC大阪に対し、失点の多い時間帯を凌いだ愛媛がC大阪の弱点である後半にカウンターから得点を狙う展開となりそうです。

◆チームの勢い

序盤の勢いがウソのように失速したC大阪は、最終5戦を1勝2分2敗で終える形に。さらに残り1戦で監督交代するなど、そのチーム力・チーム戦術には疑問が残ります。対する愛媛は福岡に敗れはしたものの4勝1敗でシーズンを終了。勢いでは愛媛に分があるようです。

そんな勢いのある愛媛にとって気になるデータ(表7)も出て来ました。今回の会場となるヤンマーでは過去に1勝もしたことがなく、さらにC大阪相手には過去2勝10敗と大きく負け越しているのです。一発勝負の昇格プレーオフだけに、どのような結果が出るか分かりませんが愛媛にとっては決して相性の良い相手とは言えません。長崎の高木監督同様、愛媛の木山監督にとっても2度目の挑戦となる昇格プレーオフ。策士・木山監督が、これらのデータを覆すことができるのかも見どころです。
表7 気になるデータ