What's New

「イニング跨ぎ」と「満塁」、スペシャリストは誰?

 21日に幕を閉じた第1回世界野球WBSCプレミア12、開催国として優勝が期待されていた日本代表・侍ジャパンは予選リーグを5戦全勝で突破、準々決勝ではプエルトリコに圧勝したものの、準決勝の韓国戦でまさかの逆転負け、結局3位に終わった。韓国戦は、あと1イニングで3点リード、という圧倒的優位な状況からの敗戦となったため小久保監督の投手起用には多方面から疑問や批判の声が上がっている。具体的には、(1)7回で大谷を降板させた判断、(2)8回から登板した則本(楽天)が9回も続投したいわゆる「イニング跨ぎ」についての是非、(3)2点差の9回、無死満塁という大ピンチで松井裕(楽天)を投入した人選、という3つの采配が批判の中心だ。そしてその原因として今大会の代表メンバーに中継ぎのスペシャリストがいなかったことも挙げられている。確かに今回のメンバーには所属チームでクローザーを務める投手はいたものの、シーズンを通して中継ぎを務めた投手は1人も選ばれていなかった。
 では誰を選べばよかったのか?「イニング跨ぎ」や「満塁での登板」の経験が豊富なのは誰なのか?今回はこの疑問に対して、今シーズンのデータから浮かび上がった投手を紹介することで答えてみたい。
表1
 まずはイニング跨ぎについて調査を行った。表1がその結果だ。「回数」がイニング跨ぎを行った登板の回数、「防御率」はイニング跨ぎを行った試合での防御率を計算したもの、「失敗」はイニング跨ぎで最も難しいと言われる2イニング目に失点をした回数。「成功率」は登板数に対する2イニング目に失点をしなかった登板の割合となっている。
今シーズン最もイニング跨ぎを経験した投手は、セ・リーグ覇者ヤクルトの中継ぎエース・秋吉だ。秋吉は今シーズン74登板のうち約3割に当たる22試合でイニングを跨いでいた。その結果も良好で失点は6点だけ、そのうち2イニング目に失点したのは2度だけでイニング跨ぎの成功率は90.9%だった。これは10度以上イニング跨ぎを経験した投手37人中8位に当たる数字で、質と量ともに素晴らしい結果を残した。
 2イニング目に一度も失点しなかった、つまり成功率100%の投手は2人。マエストリ(オリックス)は13度のイニング跨ぎで失敗は0、3イニング目の失点が多かったため防御率は悪化してしまったが、2イニング目までは完ぺきだった。さらにヤクルトのクローザー・バーネットはイニングを跨いだ試合での失点が0。試合を締めくくる役割を担いながら、イニング跨ぎも完ぺきにこなすいう、今回の則本に求められた仕事を実際に成功させていた投手だったのである。ただこの2投手は外国人なので当然侍ジャパンには加わることができない。そこで注目されるのが成功率3位の武隈(西武)である。秋吉、バーネットと比較すると試合展開的に楽な場面の登板が多かったとはいえ、イニング跨ぎで失点した回数はわずかに1回、失点も2点だけだった。まだ実績が乏しく侍ジャパン候補という視点でみれば無名に近い選手ではあるが、イニング跨ぎに対する対応力は注目に値するものがある。代表に不足する左腕でもあり、来シーズンも結果を残せるようであればその存在が大きくなってくるのではないだろうか。
 今回の代表メンバーの中では松井裕、澤村(巨人)、増井(日本ハム)の3人が10度以上イニング跨ぎを経験しており、結果も上々。成功率は3人とも90%台だった。本来先発投手だからイニング跨ぎも大丈夫だろう、という発想が通用しないのは則本や大瀬良(広島・成功率81.8%)を見ても明らか。むしろシーズンでイニング跨ぎを経験しているクローザーを8回から登板させるという発想もあってよかったのではないだろうか。
表2
次に満塁での登板についての調査結果が表2である。これは今シーズンの公式戦で走者が満塁の状態で登板した回数をまとめたものである。「成功」は登板から降板までに1人の走者にも得点を許さなかった回数、「失敗」は1人でも走者に得点を許した回数、「生還走者」は登板時に背負っていた走者のうち得点を許した走者の数、「生還率」は登板時に背負っていた走者に対する、得点を許した走者の割合である。例えば満塁で5回登板した投手の場合、背負っていた走者の数は15人、そのうち3人に得点を許していれば生還率は20%となる。数字は低い方が好成績だ。
 最も満塁での登板が多かった投手は高宮(阪神)。ただその結果は成功3回、失敗5回で成功率37.5%、得点を許した走者の数は8人で生還率は33.3%、これは満塁での登板が3度以上あった19投手のうちそれぞれ8位と5位に当たる数字で、飛び抜けて良いとはいえないものだった。
最高の結果を残したのはイニング跨ぎでも紹介した武隈である。4度の満塁登板で得点を許した走者は1人だけ。成功率75%、生還率8.3%はいずれも19人中トップの成績だ。イニング跨ぎでの好成績と合わせて今後大きく注目したい投手だといえるだろう。登板回数が多かった投手では二保(ソフトバンク)もよい結果を残している。7回の登板で無失点だったのは3度だけ(成功率42.9%-19人中7位)だが、得点を許した走者数は6人で生還率は28.6%だった。これは大きく崩れた登板が少なかったことを示していて、満塁で登板する投手に期待される最低限の結果を確実に残せていたということになる。ほかに田島(中日)長田(DeNA)も良い結果を残していた。

ここまでで韓国戦で則本や松井裕が直面した状況での経験が豊富な投手を紹介してきた。もちろん毎試合今回の韓国戦のようなシチュエーションが発生する訳ではないし、シーズンで経験がなくてもこれらの状況に強い投手がいるかもしれない。ただ、シーズンの結果で選手を選考するということであれば、防御率や勝利数、打率や本塁打数といった目に見える数字だけではなく、限定された条件に対して実際に結果を残している選手、例えば1点差の試合終盤で盗塁やバントを高確率で決めることのできる選手や、左打者であればヒットだけでなく外野フライすら許すことの少ない左投手、そういったスペシャリスト達を印象ではなく、実際の試合で探し代表候補としてリストアップしておく、といった発想もあってよいのではないだろうか。

J2・J3昇格・残留争いの行方

15年シーズンのJ2・J3リーグも残すところ2節となり、昇格・降格レースもいよいよ佳境を迎えました。次節にも昇格・降格が決定する各リーグの状況や昇格・降格となる条件をまとめてみたいと思います。

■過去最高にハイレベルな戦い~J1自動昇格争い~

まずはJ1への自動昇格枠争いから。J2リーグの年間1位、2位チームがJ1リーグへ自動昇格することができるわけですが、現在その可能性が残されているチームは表1の通り、上位3チームに絞られました。12年シーズンからスタートした昇格PO制度ですが、過去に上位3チームの勝点差が「4」まで接近していたシーズンはなく、最もハイレベルな自動昇格枠争いといえそうです。
表1 自動昇格

■勢いなら磐田と福岡

各チームのここ10試合の戦績は表1にあるように、大宮がここ3戦引き分けをはさんで負けなし。追いかける磐田が10戦負けなしで4連勝中。さらに福岡も10戦負けなしで6連勝中と、磐田と福岡がすさまじい猛追ぶりを見せています。しかし、既に直接対決は終えている関係上、大宮の絶対的有利は変わりません。

次節(11/14)で決まる可能性がある自動昇格の条件は…
大宮:大分に勝つ、負けても福岡が負ければ2位以内確定/勝利&磐田引き分け以下で優勝
磐田:横浜FCに勝利し、福岡が引き分け以下なら2位以内確定

■残り2枠を7チームで争う昇格PO圏争い

続いてJ1昇格PO圏争いについてです。自動昇格枠を狙う3位福岡と4位C大阪がPO圏入りを決めているため、残るPO進出枠は実質5位・6位の2枠だけです。表2にあるように、残された2枠に対し7チーム(北九州がJ1ライセンスなしのため)にPO進出の可能性が残されており、最後まで目を離せない戦いが続きそうです。
表2 PO圏
各チームの置かれた状況と今後の展望は以下の通りです。
【4、5位争い】
C大阪:PO進出決定済み。あとはPO1回戦をホームで迎える4位かアウェーの5位になるのか
愛媛:残り2戦で1勝するか2試合引き分けでもPO進出決定
【6位争い】
千葉・長崎・東京V:三つ巴の争い。最終的に得失点差の争いとなりそう
札幌:負け&千葉・長崎・東京Vのいずれかが引き分け以上でPO進出の可能性消滅
金沢:負けると消滅、勝っても千葉・長崎・東京Vのいずれかが1勝すればPO進出の可能性消滅
北九州:J1ライセンスなし
熊本:自身が引き分け以下、もしくは千葉・長崎・東京Vのいずれかが1勝するとPO進出の可能性消滅

■J3降格枠は大分、栃木でほぼ決定か…

そしてこちらも見逃せないJ2残留争いは表3をご覧ください。既に22位栃木の降格枠入りが決定しており、あとは自動降格なのか入れ替え戦なのか。そして入れ替え戦にまわる21位は大分で、こちらも残留を確定させる20位に入るには数字的に非常に厳しいのが現状です。
表3 残留争い
大分:引き分け以下か水戸・岐阜の勝利で21位以下決定、栃木が敗れれば入れ替え戦が決定
栃木:負ければ自動降格決定

■大宮が勝って優勝を決めるか

気になる次節(11/14)の対戦カードは表4の通りです。注目は、負けが許されない3位福岡と5位愛媛の戦い。6連勝中の福岡に対し愛媛も3連勝中と勢いのあるチーム同士の対戦。仮に福岡がPOに回った場合、愛媛の順位によっては対戦が予想されるだけに、互いに落とせない一戦となりそうです。
表4 試合一覧
PO圏内を争うライバル同士の戦いからも目が離せません。東京Vと金沢の一戦は、ともに「勝利だけ」が欲しい試合。2連敗中の東京Vに対し、金沢は2連勝中と勢いに差があり、どちらが生き残るのか注目です。また、勝って自動昇格を決めたい首位・大宮と残留にわずかながら希望を残す大分との試合も、激しい試合となりそうです。

■山口・町田の優位は変わらず

最後に、こちらも次節で優勝チーム、入れ替え戦参入チームが決まる可能性のあるJ3について。J3昇格1年目の山口が勝点76で首位、勝点2差の2位に町田が続きます。昇格条件は1位がJ2へ自動昇格、2位がJ2・21位との入れ替え戦に回ることになります。次節での昇格決定条件は以下の通りです。

山口:2位以内確定。勝利し、町田が引き分け以下なら優勝決定
町田:勝てば2位以内確定。他力ながらも優勝の可能性も残す
長野:他力ながら2位も。次節引き分け以下で可能性消滅

圧倒的攻撃力で山口がすんなり優勝を決めてしまうのか、そして町田と長野の2位争いの行方もどうなるのか。最終節までもつれそうなJ3の激闘にも注目です。

表5 J3

再生できるのは誰?トライアウト注目選手を紹介

11月10日に行われる12球団合同トライアウト。今年は投手34人、野手14人の計48選手が参加して静岡県の草薙球場で行われる。今年戦力外となった選手、独立リーグからNPB復帰を目指す選手、それぞれが狭き門に挑戦をする訳だが、今回はその参加者たちがそれぞれのリーグでどんな成績を残したのか?そしてその中からまだNPBで再び活躍できるのでは?という選手たちを紹介したい。

投手の注目選手は、二軍戦(ソフトバンクの選手は三軍戦)やルートインBCリーグ(以下BCL)、四国アイランドリーグ(以下四国IL)で記録したK/BBとWHIPが、好成績だった選手たちを紹介する。K/BBは奪三振数を四球数で割った指標で、三振を多く奪いながらも四球の少ない投手が高い数値になる。二軍レベルであれば2.5以上は記録したいところだ。もう1つのWHIPは1イニングあたりに許した走者数(失策、死球は除く)のことで、どれだけ支配的な投球ができていたかを端的に表している。こちらは1.10以下であれば好成績とする。

■右投手 安定感のあった玉置、元阪神・西村は防御率0.00

右投手の参加者は24人(表1-1、1-2)今季NPBでプレーした選手の中では玉置隆(阪神)に注目したい。今季は二軍戦でリリーフとして34試合に登板、防御率は3.93ととくに目立つ数字ではなかったが、34回1/3を投げて奪三振は42、奪三振率にすると11.01という素晴らしい数字を残している。一方で与四球の12も悪くはない数字で、その結果K/BBは3.50となかなかの好成績になった。これまではケガが多くなかなかチャンスが巡ってこなかったが、数少ない一軍での登板時も最低限の結果は残しており、一軍通算成績は20試合で27回2/3を投げ、防御率が1.95、奪三振率も9.43と期待の持てるものだった。阪神では同タイプの投手も多く居場所を失ったが、右の中継ぎの層に不安のあるチームであれば獲得する価値は十分にあるだろう。

表1

表2

右投手はBCLからも6人が参加する。その中でとくに成績が目立つのが西村憲(石川ミリオンスターズ)だ。阪神時代の2010年には65試合に登板した実績を持ち、今シーズンからプレーしたBCLでは抑え投手として26回1/3を投げて防御率0.00、WHIPは0.80という完ぺきな数字を残した。ただK/BBの2.88は今回の参加者の中では優秀な数字だが、リーグのレベルを考慮すると物足りない面も感じることは確かだ。
またオリックスの榊原諒もイニングは少ないながらK/BB7.50、WHIP0.96とNPBでプレーした投手の中では最も好成績を残していた。元新人王と実績も十分だが獲得に動くチームはあるだろうか。

■左投手 二軍では結果を残した加藤、正田は2度目のNPB復帰なるか

左投手は10人が参加予定(表2)。最も注目すべき成績を残していたのはこちらも阪神の加藤康介。一軍ではわずか2回1/3と結果を残せなかったが、二軍ではK/BB3.25、WHIP1.02と格の違いをみせていた。2008年のトライアウトにも参加の経験を持ち、その時は横浜(現DeNA)との契約を勝ち取ったが今回はどうだろうか。
四国ILで今シーズンのMVPに選ばれた正田樹(愛媛)は3度目のトライアウト参加となった。今年は四国ILで96回2/3を投げ、防御率は0.74、K/BB6.53、WHIP0.86とこれ以上ない好成績を残した。1度目のNPB復帰だった2012年、13年のヤクルト時代も防御率は2.84、2.87と安定していたこともあり、NPBでも最低限の結果を残せそうな雰囲気はある。先発も中継ぎも可能で使い勝手がよいことも評価が高いだろう。左投手は需要も高いことも考えるとNPB復帰の可能性は十分ではないだろうか。

■野手 長打力の佐藤賢治と、使い勝手のよい林崎にも注目

野手は打者のタイプを表すIsoP、IsoDと、選球眼の有無を計る要素であるBB/Kを中心に注目選手を探した。IsoPは長打率から打率をマイナスした指標で打者の長打力を表すもの。今回は0.150以上を優秀とした。IsoDは出塁率から打率を引いたもので、四死球での出塁力を表している。こちらは.100以上を優秀とする。そしてBB/Kは四球数を三振数で割った数字で、四球を選びながらも三振をしない打者が高い数値となる。二軍や独立リーグであれば1以上を記録したい。
今回の参加者(表3)からは強打者として佐藤賢治と佐藤貴規、好打者として林崎遼、三家和真を紹介する。佐藤賢は二軍戦で49試合に出場し158打席で5本塁打を記録、長打率は.470、出塁率は.399となかなかの成績。長打を打つ力は今回の参加者の中では最も期待できる上に、IsoD.119と出塁する力も備えている。若手に多くのチャンスを与える日本ハムの中では居場所を失ってしまったが、もう一度期待できるだけの成績は残しているといえる。ただ今シーズンは一軍の28打数で14三振とまったく結果を残せず一軍で悪いイメージを残してしまったのが気にかかる点だ。
表3

元ヤクルトの佐藤貴(BCL・福島ホープス)は今シーズン73試合に出場してリーグトップの30二塁打、長打率は.498を記録しIsoPは.173の好成績、盗塁も23個を記録した。もともとヤクルト時代の2012-14年にも打率は.308、.288、.300と安定して高い数字を残しており打力には期待が持てる選手だ。あとは課題と言われていた守備面がこの一年でどれだけ向上しているかがトライアウトでのポイントとなる。右投げ左打ちの外野手は近年飽和状態でNPB復帰へのハードルは高いものがあるが、果たして獲得に乗り出すチームはあるだろうか。
林崎遼は二軍戦で39三振に対して41四球を選びBB/Kは1.05を記録した。打率も.271とまずまずで出塁する力はまずまずのものが期待できる。また守備では今シーズン内野の全ポジションで守備に就いている。出塁力とユーティリティ性という使い勝手のよさを感じる成績を残しており、内野手の枚数に不安のあるチームにとっては最も獲得したい選手だろう。
元広島の育成選手だった三家は2013年のオフに戦力外となった後、2年間BCLでプレー、今季は63試合に出場して打率.は219と低迷したが、リーグトップの55四球とリーグ7位の20盗塁を記録して長所をアピールしている。まだ22才と伸びシロも感じられ今回の隠し玉的選手だ。

【プレミア12】米国代表の実像は?同組のライバルを紹介

11月7日に開幕する、「世界野球WBSCプレミア12」。世界ランキング上位の12か国が参加する新しい野球の国際大会だ。日本(侍ジャパン)は予選で米国、韓国、ベネズエラ、ドミニカ共和国、メキシコと同組となった。一見強豪揃いに見える対戦相手だが、今大会はMLBの協力が得られず、メジャーリーグの40人枠に含まれる選手は参加が見送られた。そのため各国の代表も野球にさほど詳しくない方には馴染みのない名前が多く並び、各国の代表の実力のほども計りにくくなっている。

そこで今回はここまでに最終メンバーが発表された同組の3か国(米国、ベネズエラ、韓国)の代表を選手たちの年齢、所属リーグなどを中心に、いったいどういうレベルの代表なのか?を紹介してみたい。

■米国 中心はメジャー定着が苦しくなった選手たちだが、期待の若手も参加

米国(表1、2)は今回紹介する3か国の中では最も20代の選手が多いチームだ。入団から3年目の選手が5人、24才以下の選手は8人いて、このあたりの選手は「メジャー予備軍」といえる選手たちだ。ただチームの中心となっているのは、20代後半で、プロ入り7年目以降の選手たちだ。MLBのシステムではプロ入り6年目を終えてメジャーの40人枠に入っていない選手は基本的にシーズン終了後にフリーエージェントとなるため、各チームも多少でも期待の残る選手は6年目終了までに40枠に登録することが基本だ。つまり現時点で40枠に入っていないこれらの選手たちは、メジャーに定着することがかなわなかった選手ということになる。米国代表の中心は「メジャーに定着できなかった30才前の選手」といえるだろう。
表1

表2

次に代表選手が今シーズンプレーしたリーグを見ていただきたい。多くの選手は3Aでプレーしており、一度でもメジャーレベルでプレーした選手は3人しかいなかった。最も長くメジャーにいたのはマット・マクブライド(Matt McBride)で8月12日にロッキーズに昇格し、9月7日にマイナーに戻されるまでに20試合に出場している。今シーズンは打率.167で打点、本塁打ともに0に終わったが、2012年と14年には2本塁打ずつを放っていて、今回の野手のなかでは実績ナンバーワンの選手だ。ただ最も注目したい選手は2Aでプレーしていたブレット・フィリップス(Brett Phillips)だ。今シーズンはアストロズの1A+で開幕を迎え、66試合で打率.320、OPS.967を記録、2Aに昇格後も3割を超える打率を残し、夏のトレードでブルワーズに移籍した。シーズン終了時点でMLB.comが選ぶプロスペクト(有望株)ランキングでMLB全体の32位、ブルワーズのチーム内では2位に選ばれている。今回の代表選手の中では最も将来に期待をかけられている選手だといえる。
WBCでの代表選手と比べると大幅に格が落ちるメンバーとなったが、選手たちの「本気度」は近年最も期待できるだろう。これまでのWBC3大会で明らかになったように、オールスター級の選手を集めたチームは選手起用の縛りや、ケガを避けるためのプレーが目立ち「本気」で勝ちにきているという迫力が不足していた。その点、今回の代表選手の多くにとっては、この大会が選手生命の中でも最も大きい舞台になる可能性が高く、全力でプレーしてくるだろう。選手の経歴だけで「格下」と判断していると思わぬ苦戦を強いられることになるだろう。

■ベネズエラ メジャーリーガー不参加、ウインターリーグも開幕直後で非常に厳しいメンバーに

メジャーリーガーも参加するWBCでは毎回強力打線を構成しているベネズエラだが、今大会は苦しいメンバー構成となった(表3、4)。その原因は、メジャーリーガーの不参加に加え、国内リーグ(ウインターリーグ)がシーズン開始直後だということ。日本では若手選手の武者修行の場としての印象が強いウインターリーグだが、各国内での盛り上がりはMLBやNPBと何ら変わるところのないビッグイベントだ。当然多くの選手がウインターリーグへの参加を優先するため、この時期の国際大会に有力な選手が参加することは難しくなる。今回の代表選手をみてもそれは明らかだ。今回の代表選手の中で今シーズン中にMLBでプレーしたのはわずかに1人、3Aでも3人しかいない。代表の中心を占めるのは過去にMLBのマイナーでプレーし、近年はウインターリーグのみに参加している選手たちだ。これに該当する選手は28人中16人、この中で今シーズンのウインターリーグにも参加しているのは9人で、あとの7人は現在どこのチームにも所属していない。さらにMLBのマイナーや、ベネズエラのウインターリーグでもプレーした形跡のない選手も3人いる。選手のレベルとしてはかなり苦しい構成となった。選手の年齢も大半が30代で、これから大きく飛躍する選手が含まれている可能性も低いだろう。
表3

表4

その中で実績がずば抜けているのがホアン・リベラ(Juan Rivera)だ。2001年にヤンキースでメジャーデビューし、エンゼルス移籍後の2006年には打率.310で23本塁打、2009年にも25本塁打を放っていて、メジャー通算では132本塁打を記録している。ただメジャーでのプレーは2012年、3Aでのプレーも2013年が最後で、昨年はウインターリーグのみに参加、19試合で打率.121と衰えは隠せなくなっている。ほかに打者で期待がかかるのはフランク・ディアス(Frank Diaz)とオリックスのカラバイヨ。ディアスはメキシカンリーグでプレーして、打率.334、16本塁打を記録、メキシカンリーグでは毎年結果を残していて今回の代表の中では実績上位の選手だ。NPBから唯一出場するカラバイヨもこのメンバーでは主軸としての働きが期待されるだろう。
投手ではメジャー通算156勝のフレディ・ガルシア(Freddy Garcia)が有名どころだがメジャーでの登板は2013年が最後、今シーズンはドジャースの3Aで4試合に登板して防御率7.36と苦戦し解雇されている。ウインターリーグでプレー中の投手も5人いるが、目立った成績を残しているものはおらず打者以上に厳しい布陣となってしまった。
参加辞退が濃厚なメキシコを除けばB組の中では実力的に最下位とみられるので、日本としては確実に勝利が求められる相手となるだろう。

■韓国 打撃陣は超豪華、一方で投手陣には思わぬ事態も発生

韓国は国内リーグの主力選手が軒並み参加、NPBでプレーする2人を加えベストに近い代表となっている(表5、6)。年齢構成をみても3度のWBCと2度の五輪を経験しているベテラン投手の鄭大ヒョンから、20代前半の若手投手まで幅広く代表に選出されている。打者陣は打撃成績が非常に優秀な選手が数多く選ばれている。主砲の働きが期待される朴炳鎬は打率.343、53本塁打、146打点とすさまじい成績を残していて最注目の打者だ。そのほかの選手たちの成績も優秀で、100打点超えが朴炳鎬のほかに3人、20本塁打以上が7人、打率3割超えは10人が記録している。ただ韓国の国内リーグは、リーグ平均の打率が.280と非常に打高投低なこともあって、成績を額面通り受け取って過度の警戒をすることは避けたいところだ。
表5

表6
投手陣は打者に比べると少し見劣る印象だ。国内リーグの防御率上位10人中5人を外国人投手が占めているように、全体に層が薄く、さらに防御率トップの梁ヒョン種や19勝を挙げた柳熙寛も選ばれていない。さらに24日になってサムソンの3投手(尹盛桓、安志晩、林昌勇)の代表離脱が発表された。これはこれらの選手の海外での賭博疑惑が関係しているとみられるが、先発の柱だった尹盛桓と抑えの林昌勇が抜けてしまったダメージは大きいだろう。日本としては一にも二にも強力打線をいかに封じるかがテーマとなることは間違いない。

今年もやります。年末年始テレビ情報特別配信

新聞社、雑誌社向けに年末年始テレビ情報特別配信記事をご提供いたします。
年末年始のテレビ番組表に加え、年末のNHK紅白歌合戦ガイドや2016年の大河ドラマ特集、民放各局1月新ドラマ紹介記事などに加え特集企画も充実。また、恒例の新春インタビューにもご期待ください。

詳細はお問い合わせください。

※本企画は新聞、雑誌などの紙媒体向けとなります

2014-2015年末年始特集の掲載例

2014-2015年末年始特集の掲載例