What's New

なでしこが連覇するための3つのポイント

サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で日本代表「なでしこジャパン」が連覇に王手を懸けた。相手は、前回大会決勝でも顔を合わせた米国で、その時はPK戦の末に日本が勝利。過去、米国との対戦では1勝(90分勝利)しかしていない日本にとって圧倒的に分が悪い相手でもある。今回は、連覇へ向けて米国戦勝利のポイントをデータから予測したい。

■前半の日本、後半の米国

日本の勝利への近道を探る上で、まずは両チームのここまでの戦いぶりを振り返ってみたい。

両チームの時間帯別の得失点を表1にまとめた。比較してみると両国の対照的な戦いぶりがうかがえる。日本が前半に得点することが多いのに対し、米国は後半に集中している。日本のここまでの戦い方は前半に奪った得点を堅守で守り抜くスタイル。それだけに、後半におとずれると思われる米国の猛攻をしのげるかが1つポイントになりそう。
なでしこ表1
そして、日本の課題ともいえるのが終了間際の失点。フィジカルで勝る米国だけにビハインド状態なら終了間際のパワープレーは要注意だろう。最後まで集中力を維持する上でも、勝った状態で澤穂希をグランドに送れる状況を作り上げたい。

■攻守両面で試合を分けそうなファウル

次は、攻守両面について詳細を見ていきたい。攻撃に関しては表2から分かるように、ともに9点ずつ(流れ:7点、セットプレー:2点)挙げており、全くの五分といえそう。しかし個人のシュート精度(表3)では大きな差が出ている。
なでしこ表2
なでしこ表3
出場時間の多い選手たちのシュート精度の差は一目瞭然。米国選手のシュート精度が高い一方で、日本選手が軒並み低くなっている。それぞれ12本のシュートを放っている両国エース間でも明暗が分かれていて、米国エース・ロイドが枠内50%(3得点)なのに対し、大儀見は16.7%(1得点)。チーム枠内シュート率でも米国に大きく差をつけられており、今の日本には個人のシュートからの得点はあまり期待できそうにない。

では守備面はどうだろうか。表2から米国攻略のヒントが得られた。それがファウル数だ。日本が58回なのに対し米国が74回で今大会中ワースト。日本はベスト4入りしたチームでは最少、ベスト8の中でも下から3番目に少ない数字となっている。ファウルをすると相手にFKが与えられるわけだが、両チームともに宮間、ラピノーといった名キッカーを擁するだけに、ファウルで得たFKが勝敗を分ける2つ目のポイントとなりそうだ。

■普段通り規律を順守できるか

日本守備陣が米国の攻撃を防ぐ上で必須となるのは、相手に不用意なファウルをしないこと。いったんFKを与えてしまうとフィジカルで勝り、空中戦で圧倒的優位を誇る米国を前に「失点ゼロ」でしのげるかは分からない。なでしこの持ち味である「規律を順守したサッカー」こそが、無駄なファウルを与えないサッカーなだけに、いかに普段通りのプレーができるか注目だ。

一方の攻撃面では、短くテンポよくつないだパスやドリブルで相手陣内に攻め入りたい。相手が与ファウル数ナンバーワンの米国だけに、付き入るすきはあるだろう。そこで得たFKから得点を奪えるか。シュート精度やサイズでは勝ち目がない分、相手のミス(ファウル)に乗じて得点することが勝利への近道といえる。また、宮間の精度の高いFKのこぼれ球にも注意したい。今大会の米国DF陣は、こぼれ球に対してボールウォッチャーになることが多いため、そこにどれだけ反応できるかも数少ない得点チャンスを広げる上で重要となる。

■相手の弱点を突け!

ここまで書いたように、日本は相手にセットプレーを与えないことで勝機を見出したい。では、日本が勝つためには相手のどこを突いてファウルを誘えばいいのか。各チームのファウル数を一覧にした表4をご覧いただきたい。
なでしこ表4
ファウル数・被ファウル数の視点でみたとき、日本の右サイドが米国攻略の3つ目のポイントとなりそう。ファウルを多く受けている日本の右サイド有吉に対し、対峙する米国左サイドはファウルを犯しがちなラピノーとクリンゲンバーグ。

今大会の最優秀選手候補にも選ばれた有吉の魅力は、豊富な運動量と突破力。ベスト16で代表初ゴール、準決勝でも積極的な仕掛けから先制点となるPKを獲得するなど、今大会ノリに乗っている選手といえる。米国に押し込まれる展開が予想されるが、相手左サイドの攻撃力を抑制する上でも、“絶好調”有吉が高い位置を取って攻撃参加することが連覇への近道となりそうだ。

民放公式テレビポータル「TVer」10月スタート

7月16日、在京民放キー局 5 社は、 10 月から共同でテレビ番組 を広告付き無料動画配信するキャッチアップサービス「TVer(ティーバー)」 を立ち上げると発表しました。各社が独自で行っていた見逃し視聴サービスですが、10月からはパソコンやスマホ、タブレットといったデバイスで「TVer」を通じて見られるようになります。

 

 

ラテとぴ(本文用)

 

得失点差はマイナス、勝率は5割越え、阪神の成績は超レア

阪神が好調だ。リーグ戦再開後の6試合で5勝1分け、交流戦最終戦からの連勝は6に伸び、2位巨人に2ゲーム差をつけて首位に立っている。この阪神の得点と失点の差がプロ野球史上でもまれな状態になっていることをご存じだろうか。6月24日に首位に立った時点での得失点差はなんとマイナス72。6月28日現在でもマイナス66と大幅なマイナス収支となっているのだ。
表1
1950年にプロ野球が2リーグ制となって以降、得失点差がマイナス66以下なのに、勝率.500以上でシーズンを終えたのはわずか3チーム(表1)。2004年のヤクルトが得失点差マイナス72で勝率.529、2000年中日が得失点差マイナス73で勝率は.519、1983年大洋は得失点マイナス70で勝率が.500ちょうどだった。しかも阪神はまだシーズンの約半分の試合を消化しただけなので、これら3チームより得失点の収支は悪い状態である。今の阪神の得失点差を1試合あたりに換算するとマイナス0.94点で、1試合につき約1点のマイナスとなっているのだが、過去に1試合平均の得失点差がマイナス1点以下でシーズンを終え、勝率が.500を超えたチームは存在しない。この条件で最高の勝率を残したのは1954年の広島だが、それでも勝率は.448だった(表2)。今シーズンの阪神がこのままの得失点差と勝率でシーズンを終えてもプロ野球史上4チーム目、ここまでのペースのまま得失点のマイナスが膨らみ、勝率はキープした場合はプロ野球史上に存在したことのないチームとなるのだ。
表2
さらに阪神の特異性を示すデータがある。セイバーメトリクスの指標としてピタゴラス勝率というものがあるのをご存じだろうか。これはチームの総得点と総失点から予測される勝率を算出する指標で、(得点の2乗)÷(得点の2乗+失点の2乗)で求めることができる。(表3)は1950年以降のすべてのチームのピタゴラス勝率と実際の勝率を比較したものである。横軸がピタゴラス勝率、縦軸が実際の勝率となっているが、一目で分かるようにグラフはきれいな右上がり、実際の勝率とピタゴラス勝率には正の相関関係にある。つまり得失点差がプラスになれば実際の勝率も上昇し、得失点差のマイナスが膨らめば勝率も下がるということは、これまでのプロ野球の歴史で証明されていることになる。過去もっともピタゴラス勝率から解離した勝率を記録したのはプラス方向が1954年の広島のプラス.106、マイナス方向は同じく54年の大阪タイガースでマイナス0.87だった。ピタゴラス勝率から1割以上解離した勝率を記録したのは54年の広島と、1958年の国鉄スワローズの2チームだけ(表4)。1950年以降のべ790チームがシーズンを戦ってきたが、ピタゴラス勝率から.106以上逃れたチームは存在しない。では今シーズンの阪神はどうなのかというと6月28日現在でピタゴラス勝率は.375、実際の勝率は.522なのでその差はなんとプラス.147という数字になる。今の阪神はプロ野球史上最も理想的に得点と失点を割り振っているチームといえるのだ。
表3
表4
では阪神は今後どうなるのか?そのことを探るため弊社に記録の残る2004年以降のシーズンで、70試合を終えた時点で勝率とピタゴラス勝率に大きな差があったチームを調査した結果、今シーズンの阪神ほど大きな差を作っていたチームはなかったが、勝率で.070以上ピタゴラス勝率を上回ったチームが5つ存在した。これらのチームが最終的にどうなったのか、それをまとめたものが表5である。2011年のヤクルトは得失点差がマイナス5ながら勝率.607で首位に立っていたが、最終的には勝率を落とし順位も2位に終わった。一方2010年の中日は得失点差マイナス51ながら勝率は.507、ここから最終的には勝率を.560まで伸ばし1位でシーズンを終えている。
対照的な結果となった2チームだが、明暗を分けたのが後半戦の得失点差だ。2011年ヤクルトは後半戦も得失点差マイナス15と前半とほぼ変わらぬ内容だったが、後半戦の勝率は大幅に悪化し.485となった。2010年中日は後半戦の得失点差はプラス69と大きく改善、その結果後半戦の勝率は.616で前半を上回った。ほかの3チームのケースでも後半戦での得失点差がプラスだった2011年楽天は勝率をアップさせ、得失点がマイナスだった2006年ロッテと2009年広島は勝率もダウンしている。
これらの例から分かることは「得失点差の割に勝率が良い状態」というのは長く続くものではないということだ。後半戦で前半と同じかそれ以下の得失点差だった3チームは、前半戦並みの勝率を残せず、後半戦に得失点差を改善させた2チームは、さらに勝率を上げた。つまり前者の前半戦の好成績は、得点と失点のかみ合わせがチーム力以上にうまくいっていた状態で残されたものであり、チーム力の変わらなかった後半戦ではうまくいかなくなってしまった。後者の場合、チーム力以上に勝てた前半戦から、後半戦ではチーム力を上げてより勝てる状態になったのである。
表5
今シーズンの阪神の場合、仮に後半戦でここまでと同じように得失点差がマイナス70近くなりながら、勝率が.500だったとすると、最終成績は得失点差は約マイナス140で、勝率は5割強ということになるが、それがいかにあり得ないことなのかはここまでで見てきたとおりだ。もしそんなことがあり得れば、プロ野球以上最も効率的に勝利を挙げ続けたチームということになるが、それが難しいことは、前述のヤクルトなどのケースから明らかだ。ここから勝率をキープし、上昇させるためには2010年の中日のように、残りの試合での得失点差を改善させる必要がある。2004年ヤクルトを限界値ととらえれば、阪神は残り試合の得失点差を少なくとも±0で乗り切らなければならない。そのためには相当なチーム力の改善が必須となる。具体的にはマートン、ゴメス、鳥谷の復調、福原以外の中継ぎの台頭と5~6人目の先発の整備、ということになるのだろうが、果たしてこれらの難題をクリアすることはできるのだろうか。

データで読み解く佐藤寿人の得点力の秘密

20日、広島のFW佐藤寿人が史上初となるJ1、J2通算200得点を達成した。この日は山形を相手に前半だけでハットトリックを達成、J1通算150得点も記録するなど、記録ずくめの1日となった。今回はそんな彼がこれまでに打ち立てた記録の数々を振り返るとともに、ハットトリックのこれまでについてもひも解いてみたい。

■記録ずくめの男 佐藤寿人

まずは戦歴を表1にそれぞれまとめたのでご覧いただきたい。今年で選手生活16年目を迎えるベテランは、歴代2位のJ1通算152得点を誇り(表1-2参照)、08年にJ2、12年にはJ1で得点王を獲得。さらに同年JリーグMVPにも選出されるなど、輝かしい実績の持ち主である。また、変わり種ではJ1最速得点記録も持ち合わせており、まさに記録ずくめの男と言える。

そんな彼の戦歴を調べていく内に、得点にある共通点が見えてきた。それが「場所を選ばないバランスの取れた得点能力」だ。

それでは表1-1をご覧いただきたい。ここでは通算記録とともに、部位ごとの得点数やホーム(H)&アウェー(A)での得点数もまとめた。彼の利き足は左なので当然のように「左足」で一番得点している。だが、それ以外の部位である「右」「頭」の得点数も決して少なくない。その上、2つはほぼ同数。

佐藤戦歴

身長170センチと小柄に分類される彼の身上は、相手のプレーを予測分析、そして相手の逆手を取ったプレーをすること。まさに体格差をカバーし頭脳戦でゴールを奪うスタイルがデータとして表れている。

■どこでも得点可能

また、場所を選ばないという意味では、H&Aでの得点記録数は圧巻。J通算のみならず、各カテゴリーでのH&A得点数が同じというのは驚きだ。さらに表1-3にあるように、ナビスコカップ通算得点数も堂々1位。部位、会場、カテゴリー、大会など様々な「場所」で結果を残せる選手だからこそ、これだけ得点数を伸ばせているのもうなずける。

佐藤 J1通算佐藤 ナビスコ通算

このまま行けばJ1通算得点記録も更新間違いなしの佐藤だが、今回記録したハットトリックに関しても中山と大黒の持つ日本人最多回数7回にあと1と迫っている(表2参照)。次項ではハットトリックの歴史をひも解いてみたい。

歴代ハット

 

■ハットトリック豊作年

Jリーグ開幕以降、多くの人を魅了してきたハットトリックだが、表3では年度別の回数をまとめた。J1で過去最多ハットトリック回数を記録したのは98年で、中山が4試合連続ハットトリックを記録した年でもある。この年は、他にも同日に5試合ハットトリックが達成されるなど、ハットトリック豊作の年だった。

年度別ハット

では次に、どこのクラブが多く記録しているのか、表4をご覧いただきたい。(※対象カテゴリーはJ1、J2、J3で、回数はこれまでのクラブ通算で名称変更前も含む)。最も多いクラブは、個人最多ハットトリック数を誇るジュニーニョ、エメルソンらを擁した川崎Fで断トツの25回。攻撃的なイメージにピッタリな結果となっている。

チーム別ハットJ1

チーム別ハットJ2

一方、被ハットトリック回数では、千葉と湘南が20回でワースト1位に。その両クラブも含め、被ハットトリック回数がハットトリック回数を上回っているクラブ(千葉、福岡、京都、札幌、湘南、神戸、仙台など)に共通して言えるのは、J1とJ2を行ったり来たりしているクラブが多いということ。カテゴリー間の力差を改めて垣間見たデータと言えそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

「夏フェス2015」始まります!

民放キー局では、今年も夏休み恒例となったイベントが開催されます。在京テレビ5局が番組並みにその中身を競う、夏の風物詩をピックアップしてご紹介します。

日本テレビ(http://www.ntv.co.jp/)

「超☆汐留パラダイス!」と銘打って、7月25日から8月30日まで本社周辺で催されます。目玉企画は「リアル脱出ゲーム」。大ヒットしたアニメ「エヴァンゲリオン」とコラボし、日テレタワーには巨大なエヴァンゲリオン初号機頭部が出現するとのことです。

テレビ朝日(http://www.tv-asahi.co.jp/)

7月18日から8月23日まで行われる「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭りSUMMER STATION」では、昨年好評だった毛利庭園での水上ビアガーデンがパワーアップ。今年はバーベキュー広場もできるそうです。

TBSテレビ(http://www.tbs.co.jp/)

隣接する赤坂サカスで「デリシャカス」を開催します。サカス広場に、新ドラマ「ナポレオンの村」とコラボしたバーベキューガーデンを設置。「なりきり写真館」と題した仮想空間では、出演者と記念写真も撮れるそうです。7月18日から8月30日まで。

テレビ東京(http://www.tv-tokyo.co.jp/)

さいたまスーパーアリーナを会場に、「からだのふしぎ大冒険2015」が7月27日から8月22日まで行われます。北米で大人気の科学イベント「Grossology」(グロッソロジー)を招へい、ファミリーで楽しめるアトラクションが盛りだくさんとのことです。

フジテレビ(http://www.fujitv.co.jp/)

7月18日から8月31日まで「お台場夢大陸 ドリームメガナツマツリ」が開催されます。立地を生かした「水遊び」のアトラクションに加え、営業時間を21時半まで延ばし、仕事帰りの社会人にも楽しめるよう進化した夏祭りのようです。

※チャンネル順。詳細は各局ホームページをご覧ください。

ラテとぴ(本文用)