What's New

延長増でも試合時間減 プロ野球の目指す形とは

今年は延長戦が多いなあ。開幕からまだ14日間の日程が消化されたにすぎないのに、相変わらず野球の試合時間は長いと感じてしまいます。そこで今回は、NPBが組織全体として時間短縮に動いている試合時間と登板投手数の関係について調べてみました。

■スピーディーな試合進行

まず初めに、NPBは誰もが感じているその課題を解決し、スピーディーな試合進行を実現するべく2015年シーズンに挑んでいます。現在の野球規則、セ・パ両リーグ「アグリーメント(PACE OF THE GAME:2011年3月1日実行委員会承認)」を一層、周知徹底させることを第一に、「イニングインターバルは2分15秒以内」、「イニング間の投手交代は2分45秒以内」「イニング頭注の投手交代通告から2分45秒以内のプレー再開」といったスピードアップを目的としたアグリーメントをロッカールームへ掲出するなど具体的な行動も取られています。

■15年度試合時間の推移は

では、その成果は現在のところ出ているのか検証してみたいと思います。表1、表2をご覧ください。表1は、昨年と今年の開幕14日間に行われた試合で、「9回で決着した試合」のみの平均時間をまとめたものです。一方、表2は「延長戦まで含んだ全ての試合」の平均時間となっております。

表1 9回

表1 9回

表2 全試合

表2 全試合

表1の9回終了試合を対象とした調査では、セ・パ両リーグ、そして全体でも試合時間減となっており、少なからず成果が出ているように感じられます。しかし、チーム単位ではパ・リーグの全球団が時間減を達成した一方で、セ・リーグでは「巨人」「ヤクルト」「阪神」の3球団のみの達成と少し寂しい結果が出ています。

表2の全試合対象の調査では、パ・リーグが時間減を達成したもののセ・リーグ、そして全体でも若干の時間増に。また、こちらでも表1同様に「広島」「中日」「DeNA」が、そして楽天が新たに時間増を記録しています。一見、延長戦の増加が要因のように思われますが、それについても次項で検証していきたいと思います。

■明暗が分かれた2球団

ではリーグごとに見てみたいと思います。表3、表4をご覧ください。こちらはセ・パ両リーグで試合結果ごとに投げた投手の「のべ人数」を調べたものです。

表3 セ

表3 セ

表4 パ

表4 パ

まずはセ・リーグ。試合時間が減少傾向にあった球団「巨人」「阪神」「ヤクルト」では総じて1試合平均登板投手数も減少傾向にあるようです。特に減少幅の大きかったのが「ヤクルト」。延長戦が増えている一方で、1試合平均登板投手数が減少しています。そんな投手陣の安定によりもたらされたのが「14試合連続3失点以下」と「全試合平均試合時間減」と言えるのではないでしょうか。安定した投手力で少ない得点でも勝ちきるヤクルトならではのスタイルが反映された形となっています。

一方で「ヤクルト」と対照的なのが「広島」の「全試合平均時間30分増」。こちらも延長数が増加し1試合平均登板投手数も減少しているにもかかわらず試合時間30分増。ヤクルトに次ぐ防御率を誇る安定感ある投手陣を擁しながらも得点数がリーグワースト。それを象徴するかのように5度延長戦を戦って10回で終了したのは1度だけで、11回と12回がそれぞれ2度ずつ。同じく5度延長戦を戦っている中日は12回が1度で、他はすべて10回で打ち勝っています。さらに、それだけ延長戦を戦っておきながら全敗という事実はダメージが大きすぎます。13試合中5試合が延長戦で、一時は中1~2日ペースで延長戦を戦うなど、得点力の無さが引き起こした試合時間の増のようです。

■2球団が2時間台

続いてパ・リーグ。「楽天」を除いた5球団で試合時間の減少となりました。特に「ソフトバンク」の9回終了試合での平均試合時間22分減は球界ナンバーワン。元来、摂津やスタンリッジらのように先発完投型の投手を多く抱えていることもあり、今季もここまで先発陣が投げた投球回数はパ・リーグでダントツ。安定した投手力を誇るも延長戦までもつれるなど勝ちきれない流れが平均試合時間として出てしまっています。昨年のように猛打爆発となれば順位とともに平均時間も多少伸びるのかもしれません。

そして「ソフトバンク」と2球団のみの2時間台(9回試合で)を記録したのが「西武」。得点数を失点数が上回っているにもかかわらず2位。ソフトバンクと違い先発陣の投球回数が少なく継投策で成し得た2時間台です。

以上のように、例え延長戦であろうとも登板投手の質、そしてある程度の得点力を併せ持った試合こそがスピーディーであり、見ていて魅力的な試合と言えるのではないでしょうか。

鳥谷1番は正解?初回攻撃の重要性とは

 プロ野球の開幕から一週間、セ・リーグは2ゲーム差の中に5チームがひしめく混戦でのスタートとなった。その中で5勝4敗と無難なスタートを切った阪神の今年の目玉といえば「1番・鳥谷」だろう。和田監督が2年越しで実現させたこの新打順は果たして理にかなったものなのだろうか。初回の攻撃の重要性から見えてくる理想の1番打者について検証を行った。

初回に得点すれば勝利が近づく

 そもそも1番という打順が最も意味を持つのは初回の攻撃である。試合の中で必ずイニングの先頭打者として打席に立つことが保証されているのは1回表と1回裏の1番打者だけだ。試合の中で唯一理想的な打順で攻撃することが確定しているこのイニングにいかに確実に得点を挙げられるか。実はこのことは試合の結果に少なからぬ影響を与えているのだ。
 初回に得点を奪うことがいかに重要かということを示すデータがある。2004年以降全ての公式戦の試合結果を調査した結果、初回に1点以上得点を挙げたチームの勝率は.645、0点に終わったチームの勝率は.443であることが分かった。(表1)この差は昨年セ・リーグで優勝した巨人と最下位ヤクルトの勝率の差より大きい。初回の攻撃の成否が試合に与える影響の大きさは明らかである。

表1

表1

 では、得点を挙げるにはどうすればよいか?そのために重要となるのが先頭打者の出塁である。表2は初回の先頭打者の出塁が、得点の確率に与えた影響を調べたものである。先頭打者が出塁した場合、1点でも得点が入る確率は約60%、出塁できなかった場合は約25%とその差は2倍以上、出塁の重要性は明らかだ。では1番打者の出塁自体はどの程度試合の勝敗に影響しているのか。それが表3だ。2004年以降の9763試合で、初回に1番打者が出塁したチームのその試合での勝率は.545、出塁しなかったチームは勝率.476。初回先頭打者の結果だけで勝率に約7%の差が生まれている。7%の勝率の差は1シーズンに換算すると約10勝、これは決して無視できない数字だ。つまり1番打者に最も要求されることとは出塁であり、出塁する確率が高い選手を1番打者にすることは試合に勝つための重要な要素であるのだ。

表2

表2

表3

表3

 そして大事なことは、初回の先頭打者に限っては監督が任意の選手を選択できるということだ。試合の結果に大きな影響を与える1回の得点を大きく左右する先頭打者、つまり「1番打者を誰にするか」という決定は、先発投手の選択と並んで非常に重要な監督の仕事であり、1番打者の選択肢が先発投手のそれより幅広いことを考えると、1番打者の決定は監督としての資質が問われる大事な決断であるといえる。和田監督の2年越しの構想は今シーズンの阪神の命運を大きく左右するといっても過言ではない。

鳥谷の成績は理想的な1番打者

 では鳥谷の1番固定は正しいのか?その答えが表4だ。鳥谷は2011年以降4年連続でチームトップの出塁率を記録しており、チーム内で4番目だった2010年も.373と高い数字だった。これだけでも1番打者の適正は十分感じられる。さらに鳥谷が1番に相応しい理由として、出塁率が打率に左右される割合が低いことが挙げられる。鳥谷は四球を選ぶ能力が高いため、仮に打率が低下しても、出塁率は打率ほどには低下しないのだ。実際、近年最も打率の低かった2012年でも打率.262に対して出塁率は.373と高いレベルをキープしている。これが高い打率によって出塁率も高くなるマートンのようなタイプの打者の場合、打率が低いシーズンは連動して出塁率も低下してしまい、鳥谷のようなタイプの打者と比較して、安定した出塁は計算できない面がある。同程度の出塁率の打者であれば四球数という裏付けのある打者のほうが1番打者にはふさわしいといえるだろう。つまり鳥谷ほど1番打者に適した成績を残している選手はチーム内には存在せず、1番固定は大正解なのだ。

表4

表4

不調の広島、楽天は1番打者に問題が

 ではほかのチームの1番打者事情はどうなっているのだろうか。現状1番打者の選択に問題があると感じられるのはスタートダッシュにつまずいた広島と楽天だ。広島は開幕からの2試合で鈴木誠也を1番で起用したが7打席で一度も出塁できず、3試合目以降はルーキーの野間を起用している。野間は二塁打4本、三塁打1本と非凡な長打力を見せているが、ここまでの36打席でフォアボール0に対して三振が12と出塁という面では全く期待に応えていない。現時点では安定した出塁が期待できるタイプではなく1番打者に固定されていることには疑問が残る。チームでは昨年リーグトップのフォアボール数を記録した丸が最も1番に適したタイプなのだが、ほかに3番を打てる選手がいないというチーム事情もあり3番に固定されている。丸を1番にできないのであれば、昨年1番を打った53試合で出塁率.333、25四球を記録した堂林や、チーム内では安定して高めの出塁率を残すことのできる梵の起用なども検討されていいだろう。
  楽天もここまで1番打者が出塁率.161、得点0と大苦戦している。開幕当初は実績のある聖澤を起用していたが、聖澤はもともと三振が多く、四球は少い安打によって出塁するタイプ。盗塁の技術は高いが出塁能力の高い1番ではなく、頼みのバッティングも打率.115と不振だった。その後は岡島、松井稼が1番を打っているものの依然1番打者が選んだ四球が0と誰も仕事ができていない。ただ、岡島は昨年、一昨年と高い出塁率を残しておりチーム内では最も適任なのは間違いない。盗塁が上手いタイプではないため、盗塁を重要視するチーム方針からすると固定が難しいのかもしれないが、まずは出塁という意味では1番岡島がベストの選択ではないだろうか。

日本ハム・西川は理想的な1番になれる

 好調なチームの中からは、ヤクルトの荒木と日本ハムの西川に注目したい。荒木はミレッジの故障により山田が3番に移動した2日の試合から1番として起用されている。その日から3試合連続で四球を選ぶなど3試合で6度の出塁と今のところは及第点の働きを見せている。ファームでの出塁率は2013年が.410、2014年が.391とかなりの高水準であり適正は十分。ミレッジ、バレンティンの両外国人が復帰するまでにどれだけ1番打者としての資質をアピールできるだろうか。
 日本ハムの西川はここまで打率.211と一見不振にみえるが、出場6試合ですべて四球を選んで出塁しており出塁率は.444と抜群、8四球に対して三振は5と素晴らしい内容だ。理想的な1番打者になれる可能性を感じさせる選手で、3番の陽、4番の中田が本調子ではないため得点数は3と伸びていないが、主軸の2人が本調子になれば得点数も増え、チームの得点力もさらにアップするだろう。今シーズン最も注目したい1番打者だ。 

4月21日は「民放の日」

来週の火曜、4月21日は「民放の日」だそうです。

1951年のこの日、ラジオ局16社に民放初の予備免許が与えられました。この日を記念して、民放連では4月21日を「民放の日」と定めたそうです。

民放連の歴史もこの年から始まっています。予備免許を持つラジオ局16社が集まり、同年7月に発足しました。9月1日に中部日本放送(現・CBCラジオ)と新日本放送(現・毎日放送)が本放送を開始、1953年8月には、日本テレビが民放初のテレビ放送をスタートさせました。

現在では、ラジオ・テレビ・BS放送・マルチメディア放送を合わせ、全国206社が民放連の会員となっています。東京・紀尾井町を拠点に、放送倫理水準の向上と業界共通問題の処理を中心とした活動を行っているそうです。

ラテとぴ(本文用)

ドラマ枠激減!? 生放送が大幅増!!

新年度も10日が過ぎようとしていますが、テレビ界は春の番組改編を終えて、レギュラー編成へとシフトし始めました。ラテとぴでは、民放在京キー各局の1週間分の番組表を1年前の同時期と比較し、編成内容にある全体傾向がうかがえることを突き止めました。

▽ニュース&情報番組の放送時間

在京キー局 日本テレビ テレビ朝日 TBSテレビ テレビ東京 フジテレビ
2014年度 89時間10分 60時間46分 75時間16分 39時間44分 59時間45分
2015年度 89時間10分 66時間48分 82時間26分 41時間28分 85時間05分
増減 ±なし +6時間2分 +7時間10分 +1時間44分 +25時間20分

※4月第3週1週間の延べ放送時間。15分未満のニュースと情報番組を除く

▽ドラマの放送時間

在京キー局 日本テレビ テレビ朝日 TBSテレビ テレビ東京 フジテレビ
2014年度 04時間04分 29時間24分 19時間51分 15時間04分 26時間41分
2015年度 04時間29分 24時間33分 13時間46分 14時間56分 09時間16分
増減 +25分 -4時間51分 -6時間5分 -8分 -17時間25分

昨年度も同時間編成していた日本テレビを除き、民放各局は軒並みニュース番組や情報番組といった「生放送」に時間を割いています。そのあおりを一番食った格好なのがドラマ枠で、数字を見るとニュース&情報番組の生放送分が充てられていることになります。この傾向は、今年度だけの一過性のものなのか、キャッチアップサービス拡充を睨んだものなのか、はたまた…。

ラテとぴ(本文用)

【プロ野球】開幕3連戦で大事なことは?

27日からの3連戦でいよいよペナントレースがスタートするプロ野球、もっとも注目されるのは当然27日の開幕戦。143分の1の試合とはいえその注目度は段違いだ。ただこの開幕戦、調べて見ると勝敗がペナントレースの行方に与える影響は少ないことが分かった。
表1は2005年以降の開幕戦の勝敗と、その年の順位の関係をまとめたものである。過去10年、優勝した20チームのうち開幕戦を勝利していたのは7チーム、負けていたのは11チーム、あとの2チームは引き分け。逆に最下位だった20チームのうち開幕戦に勝利してしたのは8チーム、負けていのは11チーム、引き分けが1チームという結果になっている。この数字から明らかなようにシーズンの結果から見てみると開幕戦の勝敗はさほど重要ではないのだ。
では開幕カードで重要となることは何か?表2はシーズン初勝利までに要した試合数と、そのシーズンの順位、表3は開幕カードが3連戦だった場合の勝敗数と、そのシーズンの順位を集計したものだ。表2から分かるように初勝利が4試合目以降となった場合、優勝したチームは4チーム、Aクラス入りしたチームはわずか7チームしかない。10年間のAクラス入りのチーム数は60となるのでかなり少ない割合といえるだろう。さらに初勝利が5戦目となると、優勝したのは2008年の巨人1チームだけ。優勝を狙うにはかなり厳しい状況となってしまう。このことからシーズン初勝利はおそくとも3試合目までに挙げるのが理想といえる。
さらに表3をご覧いただきたい。開幕カードが3連戦だった場合、勝ち越したチームがAクラスとなった割合は47チーム中31チームで約6割5分、負け越したチームの場合は約3割5分となっている。ただ負け越しでも1勝2敗だった場合は31チーム中13チームがAクラスとなっており、さほど悪い割合ではなくなってくる。これらの数字から開幕3連戦では最低限1つは勝つことが重要であり、それは開幕戦でなくても構わないという傾向が見えてくる。さらに開幕戦が各チームのエース級が登板し、チーム力の差が出にくいことを考慮すると2戦目、3戦目のどちらかで勝つ確率を高めておくことが大事なのではないだろうか。
ではここからは各開幕カードを「1勝もできない恐れはないか」という観点から紹介していきたい。表4は開幕カードと予想される先発投手の一覧。

表1

表1

表2

表2

表3

表3

表4

表4

■巨人-DeNA

先発が予想されるのは巨人が菅野、新外国人ポレダ、ルーキーの高木勇、DeNAは久保、山口、三嶋だ。菅野はオープン戦での登板を一度スキップ、オープン戦最後の登板も3回62球で降板した。まだ70球以上を投げた試合はなく調整は順調とはいえない。対する久保はオープン戦3登板で失点は0、11イニングで被安打も5と完ぺきすぎるぐらいの内容だった。投球は年々円熟味を増しており現状の巨人打線では攻略は難しいだろう。巨人が初戦を落とした場合、続く2投手は未知数の新外国人と、プロ初登板のルーキーとなってしまいDeNAの山口、三嶋と比較すると計算は立ちづらい。初戦を落とした場合のことを考えると1勝もできない可能性は巨人のほうが高いのではないか。

■阪神-中日

阪神が1勝もできない可能性はかなり低いだろう。メッセンジャー、岩田、藤浪は実力、実績ともに十分で、とくにメッセンジャー、岩田の2人は中日戦での相性も抜群。そろって崩れる場面は想像しにくい。ただ不安なのは打線。オープン戦の終盤から打線の調子は下降しており、ベストオーダーで臨んだオープン戦最後の3連戦でオリックスに2度完封負けを喫してしまった。あまりにこの状態が続くようだと思わぬ苦戦もあり得る。中日は若干分が悪いといわざるを得ない。開幕投手が予想される山井も昨シーズンの阪神戦では防御率3.69と平凡、まず1勝という意味ではオープン戦で好投を続けたバルデスが投げる2戦目に一番大きな期待をかけたい。

■広島-ヤクルト

前田が初戦、黒田が3戦目に先発することが濃厚な広島が1つも勝てないという状況は一見考えにくい。しかしオープン戦を通じて低調に終わった打線の不振は相当な不安材料だ。もともとヤクルトの開幕投手・小川、石川は苦手な投手で、杉浦にも8日のオープン戦ではほぼ完ぺきに抑えられている。2戦目のジョンソンを含めて先発の布陣に文句はないが0点では勝てないのが野球、最低限の得点を挙げることにすら四苦八苦している現状では1勝に手が届かないということも十分考えられる。

■日本ハム-楽天

開幕戦は大谷と則本がほぼ確実。ともにリーグを代表する投手だけにどちらのチームも開幕戦で勝てる確率は五分五分。負けた場合に重要となってくるのが2戦目以降の先発だが、日本ハムはおそらく武田勝と浦野、楽天は塩見と横山になりそう。大谷、則本と同等に勝ちを計算できる投手はいない。確実に1勝を取りに行くのであればかつてロッテが園川を開幕投手に抜擢したように、エースを2戦目にずらすという作戦もなくはない。ただ開幕投手のステータスが特別な意味を持つ日本球界で実現する可能性は少ないだろう。エースを初戦でぶつけ合う以上、負ければ3連敗の危険性が高くなることは間違いない。1勝もできない可能性は両チームにありそうだ。

■西武-オリックス

絶対的な開幕候補だった西武の岸とオリックスの金子がともに故障のため開幕を回避した。代役は西武が牧田、オリックスはディクソンとなる。オリックスは金子不在とはいえ2戦目にも計算のたつバリントンが控えているのに対し、西武は岸の急な離脱で青写真が大幅に狂った。当初は開幕に岸、2戦目に牧田、3戦目野上と、表と裏のローテーションのバランスをとるのではなく、良い投手を順番に登板させる予定だっただろう。まず1勝という観点からは正しい選択だったのだが、変更を余儀なくされてしまった。岸の穴は昨シーズン、オリックス戦で防御率0.83と相性の良かった岡本洋が埋めることになりそうだが、当然岸の穴を完全にふさぐことは難しい。オリックスは3戦目にルーキー山崎福を起用する可能性が高いので、オープン戦で抜群の成績を残した野上を3戦目に回すことが、確実な初勝利への備えとなるのではないか。

■ソフトバンク-ロッテ

攝津が開幕投手を務めるソフトバンクは、仮に開幕を落としても2戦目には攝津以上の安定感を誇るスタンリッジが控え、3戦目にも昨シーズンのロッテ戦で4戦4勝だった中田が準備している。まず1勝は堅いだろう。ロッテは開幕が涌井、2戦目にチェン、3戦目は唐川となりそうだ。絶対的な投手はおらず相手の先発陣を考えると苦戦は必至、昨シーズンの開幕は同じカード、同じ球場で3連敗を喫している。好調だったオープン戦の勢いを持ち込んで少なくとも1勝はしておきたい。