What's New

ドラマの放送回数 ~Caféラテ3杯目~

カランコロン♪

今日も学校帰りのテレ美ちゃんがやって来ました。

「マスター、ただいまぁ」

「テレ美ちゃん、いらっしゃい」

「ラジ男くん、カフェラテくださいな」

「お帰り、テレ美ちゃん。ゆうべは間に合った?」

テレ美ちゃんは昨日、マスターの話に夢中で、新ドラマの初回を見逃すところだったのです。

「そうそう、聞いて聞いて!」

テレ美ちゃんは、テレビが大好き。特に、アイドルタレントが主演する新ドラマの話になると、もう止まりません。

マスターは夕刊を読みながら適当に相槌を打ち、ラジ男くんに至ってはカウンターの中で背を向けて、何やら整理整頓を始めてしまいました。

「もう、2人とも聞いてなかったでしょ!!」

「聞いてたよ、テレ美ちゃん。ところで、2人ともドラマは何話で完結するか知ってるかい?」

ラテに関する雑学がもう1つの売りの『Caféラテ』。

どうやら今日は、ドラマの放送回数についてのようです。

「テレ美ちゃんの大好きな『月9』とか、最近のドラマは大抵3カ月クールで完結するように作られているんだよ」

「そういえば、季節ごとに新しいドラマが始まってるわ」

「理由はいくつかあるんだけど、一番は番組改編だね。四半期ごとに編成を替えるからね」

「1年は52週だから、3カ月だと13週…そうか、分かった!!」

「ラジ男くんは気が付いたようだけど、ドラマは大体13話分の尺でできているみたいなんだ。それを初回と最終回にスペシャルと題して分けるだろう。そうすると…」

「私も分かったわ!! 4話分を2週でやって、残りの9話分とで11回で完結するのね」

「そうだよ、テレ美ちゃん。四半期つまり13週1クール編成なんだけど、暦の関係で13週にならない週もあるし、改編前の特番を挟むから11回完結になっているんだよ」

日本のテレビ生産台数が世界一になったのが1969年、カラーテレビが白黒テレビの普及率を上回ったのが1973年でした。このころのドラマは、現在のように四半期ごとの改編とは決まっていませんでした。

主役を含めた配役が変わりながらも、長寿ドラマ番組として有名な「水戸黄門」は、第1部が1969年8月4日~1970年3月9日まで全32回と、半年以上続いています。

その後も、1979年10月14日~1982年4月18日まで2年6カ月、全126回放送の「西部警察」(PART1)に代表されるように、1990年代前半までは半年以上続いたドラマが数多くあり、開始時期、終了時期ともにまちまちでした。

しかし、バブル経済が弾けた後の1990年代半ばからは、11回ドラマとして四半期ごとに改編されるようになりました。

「1クール11回かぁ。でも、8回とかで終わっちゃったのもあったよね? ラジ男くん」

「うん。でも、それはレアケースだよ。視聴率不振で打ち切りとか…」

「そうだね。ラジ男くんの言う通り、いろんな理由で予定より早く終了しちゃうケースもあったね。だから、最近は放送回数未定って予防線を張ることもあるそうだよ」

マスターの話が終わり、新ドラマに話題を戻したテレ美ちゃんでしたが…。

「ちゃんと完結するといいねっ!! お気に入りのドラマ」

「今なんて言ったのかな、ラ・ジ・男・く・ん」

どうやらラジ男くんの一言が、テレ美ちゃんの感情を逆なでしてしまったみたいです。

マスターは夕刊を広げて、とばっちりが来ないよう予防線を張りました。

ラジ男くんは懸命に弁解中です。もう何回謝ったでしょうか。

そろそろドラマ1クール分になるようです。

カランコロン♪

caferate

ドラフト会議を楽しむ視点とは

楽天がドラフトに参加してから10年が経過。今年もプロ野球ドラフト会議の季節がやってきた。10月23日の開催を前に、「今年はやや不作」と言われている。昨年も同様の扱いだったものの、ふたを開けてみれば前評判の高かった大瀬良大地を筆頭に、又吉克樹や森唯斗らのようにチームの主力に成長した選手も数多くいる。プロとして華々しい実績を残す選手もいれば、その逆もいるプロの世界への入り口 ドラフト会議。今回は様々な角度から直近10年(2004~2013年)のドラフト会議を振り返ってみたい。

表1は、球団別ドラフト指名選手たちのプロ契約後の動向をまとめたものとなっている。こちらを参考にしながら読み進めていただきたい。※表中の「○」は日本プロ球団所属選手。数字は、戦力外を基準に日本プロ球団所属外となった選手のプロ所属年数(今後の動向とは別に、今年戦力外となった選手も含む)。
表1 巨人
表1 阪神
表1 広島
表1 中日
表1 DeNA
表1 ヤクルト

表1 ホークス
表1 オリックス
表1 日本ハム
表1 ロッテ
表1 西武
表1 楽天

■どれくらいプロに残っているの!?

それでは表2をご覧ください。こちらは、ドラフト指名後に晴れてプロ契約を結んだ選手が戦力外通告を受けずに現在もプロ野球界に在籍しているかをドラフト年度別にまとめたものとなっている(日本ハムを退団した多田野数人やダルビッシュ有、田中将大らメジャーリーガーは除外)。当然のことながら、直近になればなるほど在籍率は高い。その一方で、10年前ともなると4割も残っていない。以前に比べて選手寿命が延びたとは言え、一流の選手以外は生き残れないのがプロの世界ということだろう。また、直近10年の平均プロ球団退団年数は4.5年となっている。
表2

■最低は巨人の54%

次は表3。こちらは球団の視点から、指名した選手が日本プロ野球界に選手として在籍しているかを計ったもの。※トレードや戦力外となったものの他球団に移籍した場合でも、ドラフト指名後に入団した球団で計算。12球団を見渡して見て60%台が多い中、巨人だけが圧倒的に低い数値(54.0%)をたたき出している。その理由は以下のように推測される。
表3

巨人のドラフト指名選手において、その多くを占めるのが育成ドラフトの選手たち。他球団がこれまで15人前後の選手を獲得しているのに対し、巨人は38人と倍以上。3年という契約期間で結果が出なかった育成選手は戦力外を通知され、その絶対数が多いことにより、低いプロ在籍率の数値が出ている。

しかしその一方で、松本哲也や山口鉄也らのように育成選手出身で新人王に輝く例もあり、できることなら金の卵を多く採りたいのが本音。ただ、当然のことながら育成選手にも球団が負担する人件費が掛かっており、現実的には資金力が豊富な巨人にしか成し得ない戦略とも言える。

■日本ハムと西武の共通点は?

巨人とは逆に、在籍率が高いのが西武と日本ハムで70%を超えている。意外にもこちらの理由も育成選手に関係がありそう。西武がこれまで2選手獲得しているのに対し、日本ハムはゼロ。驚くことにこれまで1人の育成選手も獲得していないのである。両球団ともに在籍する選手へ出場機会を与えるため、育成選手獲得に消極的なのだ。その甲斐あって日本ハムでは、大谷が二刀流に成功、西武も浅村や秋山らが主力に成長しており、生え抜きレギュラーが多いのも共通点と言える。限りある戦力を底上げすることでチーム力を上げようとする西武や日本ハムに対し、多くの戦力を保持し、その中から光る原石を探し続ける巨人といった、それぞれ各球団の方針が数字となって現れている。

球団の今後を占うドラフト会議まであと少し。今年のドラフトではどんなドラマが生まれるのか。今回取り上げた視点から各球団の獲得選手を見てみると、その球団の思い描く未来予想図がうっすら見えてくるかもしれない。

新聞表記のカタカナ語は非常識!?~ウインナーコーヒーはソーセージ入り?~

本気と書いてマジと読む。漫画や小説では、意図的に漢字の当て字や旧字、異体字、活字にできない造語まで、よく使われますね。これぞ「表現の自由」。でも、不特定多数向けに正しく誤解なくニュースを伝えるべき新聞記事では、そうはいきません。

文字や語句の使い方に「用字用語」なる統一基準が必要となります。「表現の不自由」というほどではないにしても、これが意外と面倒くさいんです。

今回は、用字用語エピソードから「カタカナ語」の変なルールについて。

書店の辞書コーナーを見ていると、ひっそりと「用字用語〇〇」といった「なにこれ?」的書物が置かれています。これは通信社・新聞社が発行した「用字用語集」。中でも、標準とされるのが共同通信社刊「記者ハンドブック」です。各社とも、日本新聞協会の基準を基に編集してあり、若干の違いはあっても、似たり寄ったりでしょう。

さて本題。

ある日、後輩に注意をしました。「おい、これ間違ってる」。原稿には「ウインナーコーヒー」の語句が。後輩「?」しばし沈黙「あ、『ウィンナーコーヒー』ですよね」。

残念! 違います。用字用語のルールでは、原音で「ウィ、ウェ、ウォ」の音は「ウイ、ウエ、ウオ」と書くのが原則。ここは「ウインナコーヒー」が正解で、同様に「ウィンナーワルツ(またはウインナーワルツ)」も「ウインナワルツ」と表記します。

さあ、いかが。なぜ「ウインナー」でなく「ウインナ」なのか? そこが不可解。また、地名は別解釈で「ウィーン」は「ウィ」を用いることになっているとあっては、はてさて何が何やら。ちなみに、皆さんご存じのソーセージは「ウインナー」が正解。

ほかに、皆さんが日頃よく耳にする「クローゼット」は「クロゼット」、「アタッシュケース」は「アタッシェケース」が表記のルール。

「うっそだあ! そんなふうに誰も言わないよ」と叫びたくなりますね。「新聞表記の常識」は「一般人の非常識」なんでしょうか。

よくある赤字エピソード

【プロ野球】CS1stステージ勝つのはどっちだ

プロ野球のクライマックスシリーズが11日から開幕する。セ・リーグが昨年と同じ広島と阪神の対戦、一方のパ・リーグは昨年5位のオリックスと最下位の日本ハムが顔を合わせる。日本シリーズへの第一関門を突破するのはどちらのチームなのか、超短期決戦のポイントを紹介したい。

■広島-阪神 阪神の有利は動かず

まずはセ・リーグの対戦から。8月末まで巨人を含めた3チームでの優勝争いを展開していた両チームだが、ともに巨人との直接対決で3連敗、勝負どころで力不足を露呈してしまった。その後両チーム決め手を欠きながらの2位争いは広島の最終戦までもつれ、6日の広島-巨人の結果次第となった。広島が引き分け以上ならマツダスタジアムで、広島が負ければ甲子園でシリーズが開催されるが、いずれにしても阪神の圧倒的有利は動かないだろう。その根拠は3つある。

1.広島救援陣の崩壊と絶好調の呉昇桓

まずは最初のポイント。表1は9月以降の両チーム救援陣の成績である。もっとも登板数の多い中田が3敗し、防御率10.66の惨状なのを筆頭にすべての投手がイニング数を上回る被安打を記録、出ればピンチを招くような状態となっている。加えて守護神のミコライオが4日に登録抹消、暫定の抑えには中崎の名前が挙がっているが経験不足は否めない。右肩関節炎からの復帰を目指す一岡も代役候補だが実戦復帰もまだの状態で復帰できても不安はぬぐえない。大量リードする展開は望みにくいポストシーズンの試合で、終盤を任せられる投手が皆無という状況は大きなマイナス要素となるだろう。

表1

表1

一方の阪神は呉昇桓が絶好調、9月以降は13試合に登板、15回2/3を投げて被安打はわずかに3、失点も2、イニングをまたいでの登板も何度も成功させており獅子奮迅の活躍を見せている。さらに広島戦では14回を自責点0と完ぺきな内容を残している。抑え不在の広島との差は大きい。ただし、唯一の不安はセットアッパー。今シーズン8回を任されてきた福原が9月以降絶不調。広島戦も得意とはいえず9月26日、10月1日と2度にわたってピンチを招いて降板、呉昇桓の救援を仰いでいる。形にこだわる傾向がみられる和田監督と中西投手コーチが福原のセットアッパー起用にこだわるようであれば蟻の一穴となりかねないだろう。

2.大事な試合を落とし続けた広島の失速

次のポイントは広島のチーム状態だ。表2は9月以降の広島の対戦チーム別成績である。9月以降12勝15敗と負け越しているのだがその内容は数字以上に悪い。得意のDeNA、ヤクルト戦に勝ち越すことでなんとか星を稼いでいるものの、優勝や2位を争った巨人、阪神戦は2勝9敗と大きく負け越しているのだ。9月以降阪神戦4勝1敗、巨人戦5勝2敗として初のクライマックスに臨んだ昨シーズンとの勢いの差は明らかで苦戦は免れないのではないだろうか。

表2

表2

3.阪神3本柱の充実

最後に(3)のポイント。阪神の先発が予想される3投手は広島で好内容を残している(表3)。能見は主軸の丸に対して10打数0安打、菊池に9打数1安打で対戦被打率は.211、メッセンジャーも堂林を13打数1安打、エルドレッドを7打数1安打に抑えるなど被打率は.207、藤浪は対広島6勝の好相性だ。広島救援陣に大きな不安があるだけに、試合を確実に作れる3投手がいることは大きなアドバンテージとなる。

表3

表3

阪神最大の敵は?

最後に両チームにとって最大のポイントとなる点が1つずつある。有利な情勢は間違いない阪神だがファイナルステージ進出に向けて最大の課題となるのがその「負の歴史」である。表4は過去に阪神がクライマックスシリーズに進出したシーズンの全結果
である。なんと4回出場したシリーズで勝ち抜けは0回、試合に勝ったのもたったの1試合しかないのである。シーズン中は五分に戦った相手からは1勝もできず、17勝6敗と大きく勝ち越していた2008年の中日からでさえ1勝を挙げるのが精いっぱいだった。メンバーが移り変わり、監督が交代しても消せない勝負弱さを今年こそ払拭できるだろうか。

表4

表4

一方の広島は守護神ミコライオの登録抹消を可能な限りプラスとしたい。9月以降のミコライオはケガの影響からか不安定な内容に終始、2度の緊急降板をするなどチーム最大のアキレス腱となっていたことも事実。むしろこの抹消で空いた外国人枠を最大限活用することを考えたい。昇格の候補はバリントンとキラ。ひじ痛から復帰を目指すバリントンはファイナルステージ進出の場合の先発候補でもあるが、これだけ救援陣の層が薄い状態であればプルペン待機も考えたい。そしてキラ。昨年のクライマックス初戦では藤浪から逆転3ランを放ち勝利の立役者となった。今シーズンは好調が持続せず終盤は2軍暮らしが続いたが、対メッセンジャーは4打数2安打2四球、対藤浪は15打数5安打6四球、そして呉昇桓からはチーム唯一の得点となるホームランを放っている。投手力を考えると打ち勝つ必要がある今回のシリーズでは、切り札としてスタメン起用まで検討してもよいのではないだろうか。

■オリックス-日本ハム 対戦成績は互角、先発の選択がポイントか

パ・リーグも好調とは言い難いチーム同士の対戦となった。ソフトバンクと激しい優勝争いをしたオリックスだが、9月以降9勝14敗と失速したソフトバンクに対して12勝15敗とこちらも負け越し。結局10月2日の大一番にも敗れて優勝は成らなかった。今シーズンチームを支えた救援陣にも疲労の色は濃く、チーム状態は決して良いとはいえない。一方の日本ハムは2位とも4位とも大きく差が開きモチベーションを保ちづらい状況での終盤戦となった。結果9月は13勝13敗の5割。勝ったり負けたりで好調が続かないままレギュラーシーズンを終えた。この両チームの対戦成績も12勝12敗と互角、打線や先発陣の力も拮抗していてどちらが勝ってもおかしくないシリーズとなりそうだ。

最大のポイントは初戦の投げ合い

このシリーズ最大のポイントはパ・リーグ最高の投手・金子と桁違いの成長力で2年目にしてリーグを代表する投手となった大谷の先発が予想される初戦の勝敗だ。両チーム2番手以降の先発投手は現時点でも流動的、オリックスは安定感のあるディクソン、松葉、後半戦不調も12勝を挙げている西が先発候補、日本ハムはオリックス戦4勝の上沢、チーム最多26先発のメンドーサらが候補となるがいずれも絶対的な存在ではなく、初戦をとって楽な状態で先発させたいところ。さらにオリックスは今シーズン金子先発で負けた試合の翌日は2勝5敗と苦戦、エースの敗戦は次の試合へ影響も大きく何としても金子で勝ちたいところだ。

ハム戦未勝利の金子、大谷は万全で投げられるか

金子、大谷の日本ハム戦、オリックス戦の成績は表5のとおり。大谷は対オリックス2戦2勝。直近の登板となった9月13日の先発では完封勝利を挙げており、いい印象で試合に臨めそうだ。ただ9月末に体調を崩し先発をスキップしたのは不安材料、5日の試合で復帰し2回無失点、公式戦自己最速の162キロをマークするなど結果は残したが今年初の中5日で万全の状態にできるかがキーになる。

表5

表5

一方の金子は日本ハム戦に3度登板、意外なことに一度も勝っておらず試合も3戦全敗、すべての試合で3失点以上を記録するなど実力からすると満足のいく結果ではない。そして金子には大きな不安材料が1つある。それがデーゲームだ。このシリーズはすべて14:00開始のデーゲームで行われるのだが、今シーズンの金子はデーゲームの登板がわずか2回で2敗、防御率、被打率、WHIPなども軒並み成績を落としている。これは今年だけの傾向ではなく2012年以降毎年のことだ(表6)。今季最大の大一番が普段と違う時間帯に行われることがどのように影響するのか?この点にも注目をしてみたい。

表6

表6

クライマックスシリーズが始まって8年目、ファーストステージ(旧第1ステージ)の出場チームにこれほど好調なチームがいないのは珍しい。長いシーズンを何とか戦い終えたといった様子の各チームがどのように最後の力を振り絞るのか。それぞれのチームの首脳陣の実力も問われる、今年はそんなポストシーズンとなるのではないだろうか。

番組表の開始時間 ~Caféラテ2杯目~

「ねぇマスター。もう1つ教えて」

「ん? 何だい、テレ美ちゃん」

「テレビって一日中やってるでしょ。でもこの新聞の帯、朝6時が1日の始まりになってる」

多くのラテ欄の開始時間が朝6時で、深夜帯の番組が夜11時台に列記されているのにもワケがあります。

マスターの話を聞いてみましょう。

「テレビ局の草創期は、今みたいに24時間放送ってわけじゃなかったんだ。朝6時に始まって、夜中の12時には放送終了だったんだよ」

「へぇ、そうなんだぁ」

「だから、ラテ欄のタイムテーブルは6時が始まりになってるんだよ」

「でもマスター、早朝4時とか5時とかから番組やってるのに、何で6時始まりのままなの?」

新聞は1980年代の初めまで、活版で作られていました。活版では、活字と呼ばれる鉛合金でできた鏡文字を1つ1つ組み上げていきます。

ラテ欄の時間軸となっている帯を、毎日毎日最初から作り上げるには大変な労力と時間を必要とするのです。

そのため、当時は1度作った鉛板を紙型に写し、活字のすり減りや鉛板の損傷に対応していました。

「テレ美ちゃん、昔、新聞は活字でできていたことは知ってるね」

「ええ。テレビで見たことがあるけど…」

「以前は作った帯を雛型にして、内容だけを差し替えていたんだ。技術の進歩で電算化された後も、その雛型を基に帯を作っていたからね。まあ、今でもその名残をとどめているってことかな」

「だから、早朝の番組は6時台にひとまとめされ、1時間ごとの帯の始まりが6時なんだね」

「そうだよ、ラジ男くん。同じように深夜帯も11時台の帯で終了となっているってこと」

最近では24時間放送が当たり前になっているため、深夜12時以降放送終了までを深夜早朝という帯を設けて掲載している新聞社もあります。

「2人とも、こっちの新聞も見てごらん。番組表の帯はやっぱり6時から始まっているでしょ」

「ホントだぁ!!」

「さて、ラジ男くん。9時になるから上がっていいよ」

「えっ!? キャー、やだぁ!! 新ドラマ始まっちゃう!!」

カフェラテ色の髪をなびかせ、脱兎のごとく帰って行くテレ美ちゃんでした。

カランコロン♪

caferate