What's New

<プロ野球>選手は自分の誕生日に活躍できる?

「今日は息子の誕生日だったので、ホームランを打ててよかったです!」といった感動のヒーローインタビューを目にすることもしばしば。祝ってもらえた方々にとっては、一生の思い出となる誕生日になったのではないだろうか。もしそれが、自分自身の誕生日だった場合は成績に反映されるのか、調べてみた。

■全部で83人が出場

幸運にも今年、自分の誕生日当日に公式戦に出場した選手は、全部で83人いる(9月12日現在)。その内訳は、投手19人、野手64人。表1、2にはそれぞれ先発投手と主な野手の結果をまとめたので、ご覧いただきたい。

表1

表1

表2

表2

■4人の先発投手がバースデー登板に挑戦

まずは、先発投手から(表1参照)。抑え投手やクローザーと違い、ローテーションを守って投げているだけに、その人数は4人と少ない。尚成の場合、今季初登板がバースデー登板となったわけだが、勝利投手の権利を持ったまま降板するも、味方が打ち込まれて逆転負け、誕生日を今季初勝利で祝うことが出来なかった。さらに、その後も先発を繰り返すものの、いまだ今季初勝利を挙げられていない。

5勝2敗と好調な中でバースデー登板を迎えた大竹も序盤に3失点し早々に降板。以降は、それまでの好調さがウソのように4勝4敗と力を出し切れていない。野上はバースデー黒星後、チーム事情で中継ぎに配置転換。小林宏之獲得後は再び先発に戻り4勝2敗と好調を維持。そして、今年唯一のバースデー白星を挙げている涌井だが、この日の勝利を機に! とは行かず、6勝11敗と大きく負け越しを喫している。また、先発ではないが、DeNA三嶋はバースデー登板を最後に2軍降格となってしまった。

■高確率で出塁成功

次は野手について。先発、代打、代走など出場形態は色々だが、33人の選手が試合でヒットか本塁打を打っており、実に51.6%もの高確率で出塁に成功している。表2には、チームでレギュラーとして活躍している選手のバースデー試合の結果をまとめた。なお、「月別打撃順位」は、その選手が「自身の誕生月に残した打率」が「その他の月の月間打率」と比較して何位かを表したものとなっている。

51.6%が出塁しているとは言え、表2を見ても分かるようにレギュラークラスでも「当日に結果を出す」ということは容易に出来ることではなく、月別打率順位からも多くの選手が誕生日月だからといって特段活躍出来ているということもなさそう。

■ヒーローはいた!!

そんな中、冒頭に書いたようなヒーローインタビューに立てたのが、楽天牧田。誕生日当日となる6月3日阪神戦では、1点を追う9回裏にサヨナラ打を放ちヒーローに。やはり、娘さんから期待を掛けられていたそうだが、打てたことで“お父さん”としての仕事もやってのけたのだ。バースデーゲームもそうだが、ここ一番では「意識し過ぎない」(牧田)ということが何よりも大切なことだと再認識させられた。

また、西武の森は当日こそ代走での出場となったが、それ以降の出場試合では3試合連続本塁打を含む19試合中、14試合で出塁するなど好調を維持しており、この日を境に変化があったのかもしれない。

チームの優勝を目指して戦っているプロ野選手たち。目の前の一戦一戦に集中することが、自身の誕生日の活躍に結びつけばご褒美くらいの気持ちだろう。誕生日だからと言って気負うことなく平常心で真剣勝負するプロ野球選手に多くのご褒美が与えられればと一野球ファンとして思った。

今年もやります。年末年始テレビ情報特別配信

新聞社、雑誌社向けに年末年始テレビ情報特別配信記事をご提供いたします。
年末年始のテレビ番組表に加え、NHK紅白歌合戦ガイドや2015年の大河ドラマ特集、民放各局1月新ドラマ紹介記事ほか特集企画も充実。また、恒例の新春インタビューにもご期待ください。

2013-2014年末年始特集の掲載例

2013-2014年末年始特集の掲載例

※詳細はお問い合わせください
※本企画は新聞、雑誌などの紙媒体向けとなります
テレビ・ラジオ情報

TKbjリーグ2014-2015シーズン10/4開幕

TKbjリーグ2014-2015シーズンが10月4日(土)に開幕します。今シーズンから新規参戦の福島ファイヤーボンズは青森ワッツと対戦、フレッシュな試合運びに注目。昨シーズン優勝の琉球ゴールデンキングスは初戦で浜松・東三河フェニックスと激突。チーム初連覇なるか? 日刊編集センターは、今シーズンも全試合リアルタイム速報をご提供いたします。
スポーツ情報
bj2

NPB入りが期待されるマイナーのスラッガーたち

 9月を迎え日本ではプロ野球シーズンも佳境に入ってきた。一方海の向こうMLBのマイナーリーグでは一足先にレギュラーシーズンを終え、現在はプレーオフの真っ最中だ。今回はそのマイナーリーグで打ちまくりながらメジャーに定着できなかった強打者たちの中から、来年日本に来るのでは?という選手を独断で選出、皆さんに紹介してみたい。

 まずはどのようなキャリアの選手がこれまで日本にやってきているのか?という点を調べた。表1は2010年以降に規定打席に到達した、もしくは2ケタ本塁打を記録した外国人選手の一覧である。注目をしていただきたいのはマイナー実働年と年齢である。日本にやってきた選手のほとんどがマイナーで6年以上のキャリアを積み、多くが30歳前後であることにお気づきいただけるかと思う。これには理由があって、MLBの規定ではドラフトを経て入団した選手は6年間球団に保有権があるのだ。そして6年を過ぎてメジャーに昇格できない選手はフリーエージェントの権利を得ることができるのである。このため入団6年でメジャー定着というのが選手の成長の1つの目安となっているのである。これを踏まえて来日した外国人選手の特徴をまとめると次の2パターンが見えてきた。

表1

表1

1.マイナーリーグでのキャリアが6~10年、3Aで好成績を残すところまでは順調だったが、何度か昇格したメジャーでは確たる結果を残せなかったり、チーム事情でメジャーに昇格できずに、年齢的にそろそろエリートコースから外れそうな選手

例:バレンティン、メヒア、マートン、キラ、ブラゼル、ブランコなど

2.30歳を超え、オフには毎年フリーエージェントとなるが、メジャーでの経験もあるので緊急時の保険として球団がキープし、3Aでプレーしている選手。3Aでは常に好成績を残す実力がある。

例:ルナ、エルドレッド、ペーニャ、ブラウン、クルーズ、ロペスなど

この2パターンを踏まえて6人の選手を選出した(表2)。おすすめしたいチームと合わせてご覧いただきたい。

表2

表2

パターン1

■クリス・ディッカーソン(Chris Dickerson)、中堅手

2003年ドラフト16巡目でレッズに入団、俊足とパンチ力をいかして2008年にメジャー昇格するも2年目をピークに以降はしりすぼみ、外野手のバックアップとして年40試合程度の出場が続いている。今季3Aの試合では好調で、打率は3割、出塁率は4割を超えた。センターを守れる守備力と20盗塁を期待できる足があるので外野手や1番打者を必要とするチームにフィットするのではないだろうか。

お勧めしたいチーム>センター不在のヤクルト、外野手の層に不安のある楽天

■アンディ・マルテ(Andy Marte)、三塁手

2000年にアマチュアフリーエージェントでブレーブスに入団。21歳のシーズンに早くも3A昇格、ベースボールアメリカのトッププロスペクトランキングで9位となるなど将来を渇望されたが、三塁手としてはパワー不足なことと低打率によりレギュラーは獲得できなかった。今シーズンは3Aの126試合で19本塁打、打率は.329。3Aでの成績は年々向上しており、パワーも日本でやるなら十分だ。

お勧めしたいチーム>サードが埋まらない西武

パターン2

■ブランドン・レアード(Brandon Laird)、一塁手、三塁手

2007年に27巡目でヤンキースに入団。3Aでは毎年20本弱の本塁打と、80前後の打点を挙げている。今シーズンはインターナショナルリーグの打点王を獲得した。2009年にNBAの試合を観戦中に乱闘騒ぎを起こすなど性格面の不安はあるが、勝負強いバッティングに期待できそうだ。2012-13と2年連続でインターナショナルリーグ打点王だったメヒアに続く活躍に期待したい。

お勧めしたいチーム>ファーストが固定できない巨人、4番が決まらないロッテ

■マイケル・テイラー(Michael Taylor)、左翼手、右翼手

2007年5巡目でフィリーズに入団、フィリーズの最優秀マイナーリーガーとなり、ハラデーとのトレードでブルージェイズに移籍するなど一貫して高い評価を受けていたが、メジャーでは打撃面で結果を出せなかった。高い身体能力には定評があり、3Aでも安定した成績を残しているので環境を変えることで大化けの期待は持てるのではないだろうか。

お勧めしたいチーム>外野層が薄い楽天

■マーク・ミニコッツィ(Mark Minicozzi)、二塁手、内野全般

2005年17巡目でジャイアンツに入団。一度は解雇され独立リーグでプレーしたが2012年にジャイアンツに再入団を果たした。メジャー昇格の経験はなし。今シーズンは初めて3Aでプレーし、打率.298、OPSは.870を記録した。本職はセカンドだが、内野すべてのポジションを守ることができる。パンチ力があり選球眼もよいので二遊間に人材を欠くチームにはピッタリだ。

お勧めしたいチーム>内野手が不足する中日、日本ハム、西武

■アラン・ダイクストラ(Allan Dykstra)、一塁手

最大の掘り出し物となる可能性のある選手。2008年にドラフト1巡目でパドレスに入団。198センチ98キロの巨体で長打力と並はずれた選球眼が特長。マイナーリーグでは昇格するごとに成績を向上させており、2013年には2Aで102四球を選びメッツの最優秀マイナーリーガーにも選ばれた。今シーズンは初めての3Aで打率.280、16本塁打で出塁率は.426だった。これだけの結果を出しながらメジャーには呼ばれておらず、まさに来日適齢期といった印象を受ける。攻撃力アップを図りたいチームはぜひ獲得していただきたい。

お勧めしたいチーム>出塁率リーグ最低のロッテ、ブランコの去就が不安なDeNA

<プロ野球>出身地&投打あれこれ

ドラフト指名という狭き門をくぐった者のみが入団を許される、日本野球界の頂点・日本プロ野球。今回は、その世界に入団できたプロ野球選手たちのバックボーンにある出身地(都道府県・国ともに含む)や投打(例:右投げ左打ちなど)に注目してみたいと思う。

まずは、出身地について。これは野球選手に限らず、サッカー選手や芸能人などでも気になるところ。過去に自分と同じ出身地の選手や芸能人を見つけては妙な親近感を覚えた経験がおありの方も多いはず。

■大阪、福岡、神奈川…

表1

表1

それでは、表1をご覧いただきたい。こちらは、2014年現在、プロ野球界に所属する選手の出身地を場所別にまとめたもの。上位は大阪、福岡、神奈川など高校野球でも強豪校を多く抱える土地が上位にランクインしている。それと同時に、赤字にも注目していただきたい。これらは、プロ野球の球団を抱える都道府県となっている。やはり、地元に憧れの対象となる球団が存在するということは、小さい子供たちにとっても大事なことであると同時に、それに伴う小・中・高校などの育成環境との連係にも大きな影響を与えていることがうかがえる。

■鳥取県が唯一の現役選手1人

現在現役でプレーしているプロ野球選手は、見事に47都道府県すべてから輩出されている。が、それをかろうじて守ったのが鳥取県で、現役プロ野球選手は1人だけとなっている。かつては、川口和久や角盈男といった名投手を生んだ土地にあって、唯一のプロ野球選手として頑張っているのが広島のルーキー・九里亜蓮。開幕こそ1軍だったものの、勝ち星に恵まれず現在は2軍で調整中だ。地元の星として、ぜひとも奮起を期待したいところ。

■変化する獲得外人選手

表2

表2

次に、出身者数上位10地域の選手をポジション別に示した表2をご覧いただきたい。ここでは、唯一ランクインしてきた米国や、その他の海外国に着目したい。この表からも分かるように投手の人数が野手に比べて圧倒的に多くなっている。以前は主砲に外国人選手を必ず獲得するイメージがあったが、今の主流は柱になれる先発投手やクローザーに外国人投手を配置すること。この数字を見ても分かるように、各球団とも外国人投手の獲得に、より力を入れてきている証拠となっている。

■自国選手の奮起に期待

それを招いている要因としては、日本人投手のメジャー挑戦が挙げられるのではないだろうか。近年では、田中将大やダルビッシュ有らを筆頭に日本で結果を出した投手の海外挑戦が頻繁に行われている。球団はそれに伴う代わりの選手として、自国の選手に頼るのではなく海外投手に依存。支配下選手数というしばりの中での優先順位も「外国籍野手」<「外国籍投手」に推移している結果と言える。

■唯一の右投げ左打ちは?

表3

表3

次に選手の投打について。表3にまとめたのが現役選手の投打一覧となっている。時代の流れなのか、両打ちが増えてきているのがうかがえる。両打ちで有名なのは松井稼頭央だが、1990年以降の生まれの選手では8人も存在するなど、これからも増えていく傾向にありそうだ。また、珍しい投打と言える左投げ右打ちが3人も存在する。その内訳は、投手2人に野手1人。中でも、現在プロ野球に所属する野手で唯一の左投げ右打ちなのが、オリックス竹原直隆。一塁に走るのに左打席より距離がある右打席。それゆえ、左投げであれば本来左打席に入るのがセオリーなところを、持ち前の長打力と俊足を武器に右打席でプロに上り詰めた外野手だ。現在1軍では思うような成績を残せていないものの、2軍ではイ・ウ両リーグで本塁打王になるなど、その素質は抜群。早くその実力が開花してほしい。