What's New

【プロ野球】今年一番イライラさせられた試合は?

暑い夏、不快指数の高い日々には贔屓チームの応援でスカッとしたいもの。しかし応援すればするほど逆にイライラが増してしまうそんな経験はないだろうか。とくに点が取れそうでとれない、追いつけそうで追いつけない、いわゆる拙攻は応援するほうの不快指数も急上昇だ。見終わっても全く爽快感がない、今回はそんな「イライラ試合」をいくつか紹介してみたい。

見る側のイライラを指数化する

拙攻によるイライラ感を客観的に表すために、イライラポイントという指数を考案した。イライラポイントの計算方法は次の通り。(得点圏での凡打数)-(得点圏での得点回数)。ランナーを二塁や三塁まで進めて攻撃が盛り上がってきたところで凡退した場合は1ポイント、逆にすんなり得点を奪った場合は1ポイントをマイナスするという方法で各チームの試合ごとの攻撃を数値化したものである。チャンスを逃せば逃すほど高いポイントが算出される仕組みだ。たとえば先頭打者がツーベースで出塁、続く2人が凡退しが、3人目がタイムリーヒットを打った場合そのチームのイライラポイントは2-1で1となる。

イライラする攻撃の多いチームは?

表1

表1


以上の手法で8月7日までの試合を指数化した。その結果イライラポイントが高かった試合の一覧が表1だ。この中から何試合かの拙攻の様子を紹介したい。

■5月7日 阪神-中日 阪神のイライラポイント=11

2012年の高校ビック3、中日の濱田がプロ初先発した試合での阪神のイライラポイントが11で6位タイだった。この試合で阪神は濱田から4本のツーベースを放ちながら無得点。2回と4回には1アウトからマートンがツーベースを放つも後続が凡退、6回には先頭のゴメスがツーベースを放ちここまで2安打のマートンだったが、今度はマートンが凡退と長打が全く生きなかった。9安打の中日が7点を挙げたのとは対照的な攻撃で濱田にプロ初勝利を完封で献上してしまった。

■7月31日 ロッテ-日本ハム ロッテのイライラポイント=12

斎藤佑樹が約1年ぶりの勝利を挙げた試合、ロッテの攻撃が3位タイとなった。日本ハムファンにはうれしい試合だったが、ロッテファンにとっては打てそうで打てない斎藤のピッチングにイライラもつのったのではないだろうか。1回にいきなり連打でチャンスを作るも井口が三振、デスパイネが併殺打で得点ならず、2回に角中のソロホームランで先制するも、その後は斎藤の術中にはまってしまう。6回まで投げた斎藤から7度の得点機を迎えるもすべて凡退、結局逆転を許して敗れてしまった。ロッテはこの試合を含めて3試合がランクイン、今シーズン通算のイライラポイントも12球団トップと、拙攻が目立つシーズンになっている。

■5月31日 楽天-広島 広島のイライラポイント=12

広島の快進撃が止まったきっかけの試合も3位にランクイン。広島は1回1アウト一、二塁でエルドレッドという絶好の先制機を逃すと2、3、4回はすべて先頭打者が出塁しながら無得点、6回の1アウト一、二塁、7回の2アウト二塁、8回の2アウト三塁と終盤のチャンスもすべてつぶし12度の得点圏打数でノーヒットと考えられない拙攻を繰り広げてしまう。そして0-0の9回裏、永川勝がアンドリュー・ジョーンズにサヨナラ3ランを浴びるという最悪の結末。広島は翌日の試合こそ勝ったものの以降9連敗、ダメージの大きすぎる敗戦だった。

■7月1日 楽天-オリックス 楽天のイライラポイント=13

デーブ大久保監督代行誕生のきっかけとなった試合が2位にランクイン。オリックス先発の西から3回までに4点を奪うところまでは順調だった楽天だが、その3回ノーアウト二塁から5点目を挙げられなかったことで試合は暗転、楽天が4回ノーアウト一、二塁、5回ノーアウト二塁のチャンスを立て続けに逃す間にオリックスの反撃を受け、中盤の3イニングで8点を奪われ逆転されてしまった。とどめの得点を逃し続けた末に逆転されるというストレスフルな試合展開が監督代行の交代という決断につながった可能性もあるのではないだろうか。

■8月6日 広島-中日 広島のイライラポイント=14

今シーズンここまでファンをもっともイライラさせた攻撃がこの試合。広島は制球の定まらない中日先発・小川から5回途中までで8個のフォアボールを選ぶも得点は菊池のソロホームランと押し出しの2点だけという拙攻、とくに梵は2度の1アウト満塁でともに併殺打とまったくチャンスを生かすことができない。1点を追う9回には先頭の菊池がツーベースで出塁するも丸、エルドレッド、田中が凡退しゲームセット。結局この試合で広島の得点圏成績は14打数0安打。どこかで1安打でも出ていれば試合の結果が変わった可能性があるだけにファンのイライラも最高に高まる一戦となった。
広島はこの試合だけでなくイライラポイントの高い試合が目立つ。一度点が入らない雰囲気が生まれてしまうと打者全員が飲み込まれる傾向があり、これからの優勝、クライマックス進出争いでの大きな課題となりそうだ。

もっとも爽快な攻撃をしたチームは?

ちなみに今シーズンもっともイライラポイントの低かった試合は5月1日のDeNA-中日戦。この試合でDeNAのイライラポイントはなんとマイナス6。ほとんどのチャンスで得点を挙げ、得点圏での成績は10打数7安打、2犠飛というすさまじい攻撃だった。DeNAのシーズン通算イライラポイントは巨人と並んでワースト2位(1位はヤクルト)。筒香を筆頭に得点圏打率の高い打者も多く後半戦の台風の目となりそうだ。

首位ホークスの意外な弱点とは

パ・リーグ首位を走るソフトバンクホークス。打率10傑に7選手がランクインするなど好調な攻撃陣を擁する一方で、投手陣でも大隣憲司が難病から復帰、さらには育成入団の飯田優也がプロ初勝利を挙げるなど、3年ぶりのV奪回へ向けまい進中だ。そんな盤石の戦いを見せているホークスにも意外な? 弱点が存在していた。

■増加の一途を辿る、盗塁企図数

表1

表1

表1には、2004年以降のチーム盗塁阻止率をまとめた。まず、05年以前の阻止率とそれ以降の阻止率を比較していただきたい。明らかに05年を境に下落傾向にあるのが見て取れる。それもそのはず、05年までは球界を代表する捕手・城島健司が在籍していたからだ。城島が抜けた06年以降は、盗塁企図数(盗塁を試みられた回数)が増加の一途を辿り、ついには08、09、12、13年の計4年間でリーグワーストの企図数を誇るまでになってしまった。さらに、許した盗塁数でも前述の年に07年を加えた計5年間でリーグワーストを記録。つまり、城島が抜けて以降、ホークスは慢性的に「盗塁を許してしまう」状態に陥ってしまっているのだ。

■意外なあの人がチームワースト記録

表2

表2

では、今年はどうかと言うと…企図数はワースト、許した盗塁数もワースト2位と例年通りの成績となっている(表2参照)。幸いにも得点圏被打率.262を上回る好調な打線(チーム得点圏打率.279)のおかげで首位をキープしているものの、その根は深そうだ。投手個人で見てみると、意外なあの人がチームワーストの成績をたたき出していた。

■リーグでも三冠達成

表3

表3

表3をご覧いただきたい。こちらは、ホークス先発投手陣の盗塁阻止成績を比較したもの。各投手それぞれに投球回のばらつきがあるものの、「盗塁企図数」で摂津が他を大きく引き離してのワースト1位となっている。また、「9回あたり」でみた企図数でも、1.83と他投手の倍以上の数値が示すように、他球団は摂津との対戦時に多くの盗塁を試みているのである。同様に表4にパ・リーグの規定投球回数到達者との比較を示したが、こちらでも「盗塁企図数」「許盗塁」「9回あたりの企図数」で三冠を達成。つまり、意外なことに球界随一とも称されるコントロールの持ち主である摂津が、一番盗塁を仕掛けられているということの証拠だ。

■共同作業とは言え…

表4

表4

そうは言っても、盗塁はバッテリーで防ぐ共同作業でもある。では、ホークス捕手陣の盗塁阻止率はどうかというと、表5にあるように細川の盗塁阻止率の低さが目立っている。西武時代は高い盗塁阻止能力を誇っていたが、ソフトバンク移籍後は成績が低下している。細川は摂津とコンビを組むことが多く、その試合では必ずと言っていいほど盗塁企図数が増えることに。実際に、8月1日の試合でも2回企図されている。この試合では細川が意地を見せた形でともにアウトとしたが、もはや恒例ともいえる。一方今季から加入の鶴岡はリーグ2位の阻止率で気を吐いており、この点では的確な補強だったのだが、リード面で信頼を得ることができておらずレギュラーに固定されていない。まさに一長一短といったところで悩ましい問題となっている。

■チーム全体の共通意識で

表5

表5

摂津だけのせいではなく、もはやチームとして他チームからナメラレタ状態にあることは変わりない。ここ数年の結果を見ても分かるように、ホークスにとってのウイークポイントはまさしく「盗塁企図」ならびに「許盗塁数」である。クイックの習得など一朝一夕でできることではないが、一丸となって取り組まないことには今後もずっと付きまとう課題である。この弱点を克服できたときに「最強ホークス」が誕生することだろう。

あのトレードの結果は?5年間のトレードを振り返る

7月22日にヤクルト-ソフトバンク間でトレードが成立、ソフトバンクからは新垣、山中の2投手、ヤクルトからは日高投手と川島内野手が新天地に異動となった。NPBでは7月の末までトレードを行うことが可能で、新外国人の補強とともにシーズン中に行える戦力補強の手段となっている。今回は過去5年間のトレードを振り返り、その結果や球団ごとの傾向を検証してみたい。

オリックス、DeNAは積極的に活用、消極的なチームは?

図1

図1

まずは図1をご覧いただきたい。これは過去5年間(2010シーズン開幕以降)に成立したトレードの図である。トレードが成立したチーム同士を線で結び、件数の多いチーム間を太線で表している。オリックス、DeNA、そして西武、楽天が多くのトレードを成立させていることがお分かりいただけるかと思う。この中で最も特徴的なチームがオリックスだ。基本的にトレードは異なるリーグに所属するチーム間で成立することが多い。実際、過去5年間にセ・リーグ内で成立したトレードはわずか2件である。しかしオリックスは同じパ・リーグのチームとも数多くの取引を行っていて、ソフトバンクとは3件、ロッテ、西武とも2件のトレードを成立させている。この姿勢が大きな成果を生んだのが2013年シーズン前の大型トレードだ。オリックスは日本ハムに木佐貫、大引の主力選手と赤田を放出、その見返りとして球界を代表する外野手である糸井と八木を獲得したのだ。このトレードは結果的に大成功となった。2013年のシーズンは順位こそ5位だったものの、成績は前年から大きく向上、そして今シーズンはソフトバンクと激しく首位を争うほどにチームが強化された。糸井の獲得が長く低迷していたチームの潮目を変えたといえるのではないだろうか。

オリックス以外ではDeNAが多くのトレードを敢行しているが、オリックスとは違いセ・リーグとの取引はゼロ。投手同士の交換や、内野手の獲得が目立つもののチームを変えるほどの成功例は見られない。多村、吉川輝の再獲得、地元横浜高校の後藤、土屋を獲得するなど地元、縁故を重視する傾向がうかがえる。
逆にトレードに消極的なのが広島、中日、ロッテの3球団だ。広島はオフシーズンの動きがほとんどなく、シーズン中の穴埋め的な動きのみ。中日は件数が少ないうえに選手同士の交換ではなく金銭トレードが多い。この5年間での交換トレードはわずかに2件だ。ロッテは2011年シーズンまでは積極的に活用していたが、2011年オフ以降はわずかに1件、12球団一とも言われる外野の選手層を誇るだけにその活用を図ってもよいのではないだろうか。

最もトクしたチーム、損したチームは?

表1

表1

表2

表2

次に表1と2をご覧いただきたい。これはトレードで放出した選手、獲得した選手を移籍後の成績でランク分けしたものである。獲得した選手にAが多く、放出した選手にCが多いのが理想といえる。これを元に12球団のトレード成功度を5段階(A~E)で評価していきたい。
まずA評価を与えたいチームがオリックスと阪神である。オリックスは前述のように多くのトレードを敢行、Cランクの選手も目立つがなんといっても糸井の獲得が大きい。阪神は成立件数こそ少ないものの水田圭で新井良、若竹で今成を獲得した2件が秀逸。余剰戦力で効果的な補強を果たすという理想的な結果になっている。
次にB評価となるのが、日本ハムと巨人である。日本ハムは”血の入れ替え”的なトレードが多く、その最たる例が糸井のトレードだった。糸井、今成、江尻など移籍先で活躍した選手も多いが、獲得した選手も多くがそれなりの結果を残しており、目的は達しているといえるだろう。巨人はサブロー、高橋信など野手のビックネームの獲得も目立つが、成功例は香月、青木高、朝井と投手に偏る。一方、放出した選手に活躍は目立たず、東野、オビスポ、ロメロなど一時期活躍した選手の放出時期も適切だった。
C評価は4チーム。DeNAは日本ハム同様、選手の入れ替えが目立つが藤田、渡辺直の放出はいまの内野の選手層を考えると痛かった。とくに藤田と内村の交換は藤田の飛躍と内村の伸び悩みという最悪の結果になっている。江尻、長田など役にたった選手も多いが高評価はできない。ソフトバンクは投手の放出が目立つが三瀬以外の投手はほとんど活躍していない。その一方で獲得した選手も金澤以外は大きく活躍した選手もおらず、可もなく不可もなくといったところ。西武は成立件数が多いものの、大半が一軍半クラス。大きくチーム力を向上させた選手はいないが、星孝、鬼崎、米野など一時的にチームの助けになった選手は多い。楽天は毎年多くの投手を獲得してきたが金刃以外はほぼ全滅。しかし前述のように藤田の獲得は大当たりでC評価とした。
D評価は広島とロッテ。ともに近年トレードに消極的。放出して悔やまれる選手も広島の青木高ぐらいで、獲得が成功といえる選手もいない。プラスもないがマイナスもなくこの評価となった。
最後にE評価の2チーム。ヤクルトは獲得した選手がほぼ全滅。渡辺恒が一時中継ぎとして働いたのが目立つ程度だ。鬼崎、川本良、米野など移籍先で一時的ではあるものの一軍で働いた選手がおり、収支としてはマイナスだろう。ただ先日獲得した山中は早くも一軍で登板、新垣も首脳陣の期待は大きくこのトレードの結果如何では評価が大きく変わりそうだ。中日は広島、ロッテ同様、ほとんどトレードを活用せず。その中で岩崎達と小山桂を金銭トレードで楽天に放出、新井良と水田圭を交換するなど少ない動きがマイナスにしか働いておらず評価はできない。

日本のプロ野球ではメジャーリーグのようなビックネームのトレードは滅多に成立しない。しかし、オリックスが糸井を獲得し、楽天が藤田を見出したようにその効果はときにチームを大きな飛躍へ導くことがある。ファンにとっても新たな選手の獲得は大きな楽しみの一つだ。トレード期限まであとわずか、1件でも多く心のときめくトレードが成立することを願いたい。

欧州サッカー2014-2015シーズン開幕

ブラジルW杯はドイツ優勝で幕を閉じましたが、早くも欧州サッカーが開幕しました。新たにラインナップに加えたスイス・スーパーリーグでは、柿谷曜一朗が所属するバーゼルが開幕戦を勝つなど、今シーズンも序盤から盛り上がりを見せています。Datawiresportからリアルタイムで送られてくる欧州サッカー速報配信にご期待ください。

プロ野球選手登録・抹消回数が多い球団は?

早いもので、プロ野球のシーズン後半戦が今日(7月21日)から始まる。万全のチーム状態で臨みたいところだが、ケガ人や調子の良し悪しなどでシーズン中盤になっても思うように戦力が整わない状況にヤキモキしている球団も多いのではないだろうか。そんな中、現有戦力で何とかやり繰りし、シーズンを戦っていくのも首脳陣の腕の見せ所。前半戦に行われた出場選手登録・抹消から見えるチーム編成状況を見てみたいと思う。

■出場選手登録とは?

そもそも「出場選手登録」とは、スポーツにおいて選手が出場できるように登録されることを意味する。日本のプロ野球界においても同様で、「一軍登録」などと呼ばれることもある。その一軍登録枠は、セ、パ両リーグともに最大28人で、ベンチ入り(実際に試合に出場できる選手)は、最大25人となっている。一方、出場選手登録から外れることは「登録抹消」「二軍落ち」などと呼ばれ、1度抹消されると10日間は再登録ができないルールとなっている。

■満身創痍のヤクルト

表1、2はセ・パ両リーグの登録抹消回数を球団別にまとめたもの。ヤクルトを例にみると、35人の選手が延べ38回の登録抹消で入れ替わったことを意味している。意外なことに、ケガ人続出のヤクルトにあって、その回数はセ・リーグでも下から2番目の少なさ。だが、その回数の少なさから入れ替わったケガ人の重傷度がうかがえる。さらに、入れ替わった人数も延べ38人に対して35人と複数回抹消された人数が少ないことが推測される。その内訳を見てみると、真田裕貴、村中恭兵、押本健彦の3人が最も多い2回で、残りの32人は抹消回数1回。つまり、ケガ人続出な上に使える戦力はフルで使った上での、満身創痍の戦いを強いられていることが分かる。

表1

表1

表2

表2

■4人で3本柱を支えた結果

ヤクルトとは逆に、延べ回数に対して人数が少ない=1人当たりの抹消回数が多いのが阪神で、30人中16人が複数回の抹消を経験している。表3では、登録抹消回数の上位者を示した。これを見てみても分かるように、上位を阪神勢が独占。その回数は、他球団と比較しても圧倒的だ。投手陣の入れ替えが多いのも、打撃が好調な一方で不安定な投手陣の現状を物語っている。「先発3本柱」に続く先発要員を固定できず岩崎、岩田、榎田らを代わる代わる選手登録して使わざるを得ない上に、先発でも中継ぎとしても計算できる鶴も含めた4人のローテーションで先発要員を補っている証拠だ。首位・巨人との差を縮めるためにも、まずは投手陣の整備が急務だろう。

表3

表3

■若手の奮起で下向上を!!

偶然にも、今季ここまでセ・パ両リーグともに、首位を走る球団と最下位の球団が抹消回数で下位2球団を占めている。この数字は、安定した戦力でスタメン固定の球団か、その反対で戦力が整っておらず選手の代えがきかない球団が必然的にその回数が少なくなってくる。しかし、ケガや好不調以外にも、若手の成長によるチーム内競争の激化という点でも数字に影響を及ぼすだけに、今後の野球界を引っ張っていく上でも若手の奮起による登録・抹消回数の増加に期待したい。

※出場登録抹消回数は7月20日現在