What's New

交流戦最下位、カープの魔法は解けたのか?

広島の勢いが止まった。6月はわずかに2勝、9連敗を喫するなど、交流戦開始時に12あった貯金も2まで減ってしまった。もともと交流戦を大の苦手としていたとはいえ、あのチーム状態でここまでの失速をしてしまうというのはさすがに想定外といえるのではないだろうか。魔法が解けたように勝てなくなったカープ、失速の原因はなんなのか?

極端にチャンスに弱い打線

表1

表1

交流戦開始時点で広島の1試合の平均得点は4.73と高い水準にあった。それが交流戦では2.90にまで落ちている。その要因はタイムリーヒットの減少である。表1は交流戦でのタイムリーヒット数を比較したものだ。広島の交流戦に入ってからのタイムリーヒットはわずかに16本。試合数の20よりも少なく、1試合平均0.8本しか打っていない。昨シーズンのプロ野球全体は1試合平均3.35本のタイムリーが生まれていたことからみてもいかにこれが少ない数字かお分かりいただけるかと思う。問題はこれがチャンス全体の減少によるものだけではないということだ。広島の1試合平均得点圏打数は交流戦前が8.5、交流戦では7.3と1試合平均で1打数ほど減っている。この程度の減少であれば得点圏で通常の打撃、つまりチーム打率前後(.239)の安打がうまれれば1試合2本前後のタイムリーヒットが出る計算となる。しかし広島の場合チームの得点圏での打率は.199とチーム打率よりさらに下がり、とくに走者二塁、三塁では12打数1安打(.083)、三塁では14打数1安打(.071)と考えられないような数字になっている。チーム打率の.239も低い数字だがこれは交流戦首位の巨人と同じ。悪いのはその数字が得点の入りやすい状況になればなるほど下がっていくという点にあるのだ。チャンスがチャンスになっていない、これが失速の1つ目の原因だ。

負の連鎖を生むエラー

表2

表2

交流戦に入ってから増えたものがエラーである。交流戦前の1試合平均0.57個から0.8個と約4割増加している。ただ、記録上の増加以上に問題なのがエラーをしたあとのことだ。交流戦中に犯した16のエラーのうちなんと13個がその後の失点につながっているのである。表2は各球団のエラー後に失点した割合をまとめたものだが、他球団平均が約50%なのに対してカープは81.3%、エラーの数自体も最多だが、それが失点につながっている割合も最多なのだ。象徴的なシーンが6、7日のソフトバンク戦で起きていた。6日の試合では2点リードの3回ノーアウト二塁から梵がショートゴロをエラーすると、そこから先発の九里が1イニングに9失点、さらに翌日の試合で1回1アウト一塁から菊池がセカンドゴロをエラー、すると前日のVTRのように先発の大瀬良が一挙7点を失ってしまったのだ。1つのエラーが異常な悪影響を与えてしまう、これが失速2つ目の原因だ。

石原の故障、そして離脱

3つ目の原因が正捕手・石原の故障だ。開幕から好調だった投手陣をリードしてきた石原だが、右肩の故障の影響から5月中旬以降出番が減少、2番手捕手の白濱と2軍から昇格した會澤の出番が増えた。白濱は今シーズン篠田、バリントンの登板日に先発マスクをかぶっていたものの、昨年までプロ通算10年で出場49試合と1軍経験は少なく、會澤は守備よりはむしろ打撃が評価されている選手。石原が正捕手としてしっかり出場できていた間は2人の長所も生かされていたが、メインで起用され始めるとチームは勢いを失い始めた。會澤が今季初先発した5月13日以降、つまり石原に故障の兆候が表れて以降の成績は8勝17敗、チーム防御率は5月12日までの3.49から4.31へと大きく悪化している。正捕手の故障、これが3つ目の原因。

再び浮上するためには?

チャンスになると打てなくなる打撃、1つエラーをすると一気に壊れてしまう試合運び、正捕手の不在をカバーできない投手陣、これらの問題点に共通するものはメンタリティだといわざるをえない。負の流れが生まれたときにそれに飲み込まれてしまう選手が多く、雰囲気を変えられる選手がいないのだ。2012年9月には3位争いを繰り広げながら8連敗、2011年の交流戦では全く点がとれなくなり50イニング無得点で10連敗、過去何度も繰り返された悪癖は今年も克服できていなかったのだろう。ただこれは一朝一夕に解決できる問題ではない。とくに球団がFA補強に消極的な現状では、かつて阪神が金本を獲得したようなチームカラーを一変させる選手がいきなり現れる可能性も少ない。今いる選手でなんとかするしかないのだ。幸い15日の試合で連敗は止まった。8点中7点がホームラン、ミスから一度は勝ち越しを許すなど内容は連敗中と同じようなもので課題が解決した訳ではない。9連敗中に一岡、松山、石原が故障するなどチームの状況は悪化の一途だ。しかしそれでもこの白星で流れを変えなくてはいけない。誰がチームを救うのか?ここはベテランの力に頼ってみたい。2軍では東出、栗原、横山という実績ある選手が出番を待っている。入団以来ほとんどBクラスしか経験してこなかった彼らにとって。今シーズンは念願の優勝を現実的に目指せるプロ野球人生最大のチャンスだ。4月の快進撃は若い選手がもたらした、その若手が苦しみだしたこの時期にベテランがチームを支えてこそ負の歴史を払拭できるのではないだろうか。長い低迷期を経験した彼らの奮起に期待したい。

第32期定時株主総会終了のお知らせ

第32期定時株主総会は本日、滞りなく終了いたしました。株主の皆様をはじめ、お客様のお引き立てのおかげです。役員ならびに従業員一同、心より感謝申し上げます。第33期におきましても、皆様に喜ばれ、社会に貢献できるよう、人間力を研き、可能性への挑戦を続けてまいる所存です。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

“キューバの至宝”グリエルがもたらす効果とは

DeNAに新加入した“キューバの至宝”グリエル内野手が、8日楽天戦で鮮烈な日本デビューを果たした。「3番・三塁」で登場すると、3安打猛打賞の活躍でチームの逆転勝利に貢献。守備面でも落ち着いたボールさばきで味方に安心感を与えると同時に、一塁送球時に披露した持ち前の強肩でもファンを魅了した。キューバからやってきた正真正銘のスターの登場によって今後チームにもたらされるであろう “グリエル効果”を検証してみたい。

<表1>

<表1>

チーム内競争が激化!!

一番大きな影響は、チーム内競争の激化だろう。表1は、グリエル加入前後のスタメンをポジション別にまとめたもの。現在は交流戦 セ・リーグ主催試合ということでDH制が採用されている関係上、グリエル加入による影響はないが、DHがなくなるとどうだろうか。走攻守すべてにおいて超一流なグリエルの主戦場は、二塁、三塁、遊撃。うかうかしていられないのが、二塁・石川、三塁・バルディリス、遊撃・山崎の3選手だ。加入後から報道等でも取り上げられていたように、石川は外野へのコンバートが有力で、バルディリス、山崎もベンチへ追いやられる可能性が高い。ブランコが不調となればバルディリスの一塁起用も考えられるが、現状では誰かが影響を受けることは間違いなく、石川の外野コンバートとなれば、現外野陣も安泰ではない。

表2

<表2>

スタメン死守に燃える山崎

グリエル加入が発表された5月13日を境にしたスタメン選手の成績推移をまとめたものが表2となっている。成績は開幕から同13日までと、同14日から6月8日までのもの。影響が顕著に表れているのが先述した石川、山崎に荒波を加えた3選手で、中でも山崎にとっては、グリエルが遊撃に回ってくる可能性は低いとは言え、白埼との正遊撃手争いを一歩リードしたばかり。脱ユーティリティープレーヤーのためにも、負けられないスタメン争いとなる。

梶谷にはさらなる奮起が必要

そうは言っても、現実的には二塁にグリエル、石川の外野コンバートが有力視されている。そうなると、好調を維持する荒波のレギュラーは堅いとして、残るは2枠。筒香、梶谷に石川が食い込む形となるわけだが、表2からも分かるように筒香、梶谷は低調ぎみ。梶谷に至っては、安打・本塁打ともに激減しており厳しい戦いとなりそう。グリエルのデビュー戦となった8日楽天戦でも、筒香が1本塁打を含む2安打3打点の活躍の一方で、梶谷はノーヒット。加えて、梶谷は守備でも危ないシーンを招いており、さらなる奮起が必要となる。

根っからの野球小僧

最後になったが、球場に足を運んでグリエルを見る際に、ぜひ注目していただきたい点がある。それは、守備が終わってベンチに帰る時の彼の笑顔だ。楽しそうに小走りでベンチに戻る彼の姿からは、純粋に野球を楽しんでいる様子がうかがえ、スポーツに国境がないことを改めて教えてくれる。攻守にわたるスーパープレーを期待する野球ファンのみならず、イケメンでもあるグリエルには、今後女性からの支持も高まりそうなだけに、その活躍から目が離せない。

ホームページ全面リニューアルのお知らせ

平素より、株式会社日刊編集センターに格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。この度、ホームページを全面的にリニューアルいたしました。PCはもとより、スマートフォン、タブレット端末でも閲覧いただけるよう対応いたしました。リニューアル後も、より多くのお客様に快適にご利用いただけるよう、内容の充実に努めてまいりますので、今後とも日刊編集センターをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

スポーツデータコラム配信中!

データにまつわる面白話を交えた一味違ったスポーツコラムを配信いたします。

当社のスポーツデータ制作の歴史は、日刊スポーツ新聞社のスポーツデータをデジタル入力することから始まりました。データは数字の羅列だけではありません。取材内容を補完するのは勿論のこと、データの傾向から特異な特徴を読み取り記事にすることもあります。長年、報道の現場で「記録の日刊」を縁の下で支えてきた当社スタッフがお贈りする読んで楽しいスポーツコラムにご期待ください。

スポーツデータコラムは、Webニュース媒体のThe Pageに定期配信しています。
バックナンバーは当サイトでもご覧になれます

また、ご要望に応じてコラムを作成いたしますので是非お問い合わせください。